YouTubeの広告収益が初公開!売上は1兆6500億円に達する

YouTubeの広告収益が初公開!売上は1兆6500億円に達する

国内外でもYouTubeの視聴者数が増加し、多くの有名人やタレントも広告収益を目的にYouTuberにチャレンジしています。

というのも多くの企業がYouTubeに出稿し、大きな金額の広告費を支払っているからです。

2006年にGoogleに買収されたYouTubeですが、今までYouTubeの広告収益は非公開とされていましたが、ついにGoogleからYouTubeの広告収益が発表されました。

その情報をもとに、YouTubeの広告収益(売上)をご紹介します。

練馬聡一
練馬聡一
世界でこれだけ企業が広告出しているなら、私もユーチューバー目指そうかな~。

YouTubeの広告売上高は1兆6500億円(151億5000万ドル)

YouTubeの広告売上高は1兆6500億円

出典:Alphabet

2020年2月3日に、Googleの親会社のAlphabetによる第4四半期の決算報告があり、そこではじめてYouTubeの2019年の広告収益を発表しました。

見出しタイトルにもあるように、YouTubeの広告売上高は151億5000万ドルで、日本円換算すると1兆6500億円という広告売上になります。

これはGoogleの親会社であるAlphabetの年間売上の9%を占めていて、YouTubeの広告が非常に大きな収益になっているということになります。

あのFacebookの広告収益は約6兆円、Twitterは3150億円なので、すでにFacebookに次ぐ広告収益を得ていることになります。

ちなみに各SNSの広告収益は「GoogleやFacebook社の広告売上高はいくら?インスタやツイッターもご紹介」で詳しく開設しています。

練馬聡一
練馬聡一
もうYouTubeは世界を代表する動画プラットフォームですね!

関連記事:動画広告はまずSNSに配信しよう!2年後には広告市場も44%増加

第4四半期の売上高は5182億7800万円(47億1700万ドル)

YouTube第4四半期の売上高は5182億7800万円

出典:Alphabet

ちなみにYouTubeの第4四半期(10月~12月)の広告収益に関しては、31%増加の47億1700万ドル(日本円で5177億4971万円)でした。

Google全体の第4四半期の売上高としては、17%増加の458億1200万ドルで、日本円換算で5兆280億円という凄まじい売上高になっています。

練馬聡一
練馬聡一
ちなみに楽天グループのEC流通総額が3兆4310億円なので、物販でもない広告でこれだけの収益があるなんて恐ろしいですね。

関連記事:国内ECモール「楽天・アマゾン・ヤフー」の売上・流通総額をご紹介

2006年にGoogleに1800億円で買収

もう14年前の話になりますが、当時スタートアップであったYouTubeを、Googleは16億5000万ドル(約1800億円)で買収しています。

ちなみに当時YouTubeの買収を考えていた企業は、

  • Google
  • Yahoo!
  • Microsoft
  • News Corp

YouTubeが設立されてから約1年8ヶ月のうちに、このような世界の超有名企業が買収を狙っていました。

というのも当時のインターネットの動画サービスでは、当時YouTubeが45%のシェアを占めていて、買収を考えていた企業である、GoogleビデオやYahooビデオ、MSNビデオなどは、シェアが10%ほどでした。

練馬聡一
練馬聡一
市場占有率を支配するためにも、Googleは買収に踏み切ったわけですね。

ユニークユーザーは月間20億人で、視聴時間は2億5000万時間

そんなYouTubeですが、今では世界で最も見られている動画プラットフォームに成長しています。

現在のユーザー数は20億人以上、視聴時間は2億5000万時間に達しています。

テレビの広告費は、2022年に広告市場の1/4を下回る見込み」で紹介しているように、世界中でテレビの広告費は減少しており、いまではNetflixやHuluなどのスマートテレビがユーザーを増やしています。

関連記事:スマートテレビへの動画広告配信が増加中!すでに7646億円市場に

練馬聡一
練馬聡一
「見たいときに見たいものを見る」というニーズが、現代社会にはあっているのかもしれませんね。

今後も増え続けるYouTubeユーザーと広告費

ここまでご覧いただきありがとうございます。

国内外でもYouTubeの視聴者数が増加し、多くの有名人やタレントも広告収益を目的にYouTuberにチャレンジしています。

2006年にGoogleに買収されたYouTubeですが、今までYouTubeの広告収益は非公開とされていました。

YouTubeの広告売上高は1兆6500億円(151億5000万ドル)で、第4四半期の売上高は5182億7800万円(47億1700万ドル)という驚愕の数字で、これはGoogleの親会社であるAlphabetの年間売上の9%を占めています。

現代はスマートテレビなどのユーザーも増えてきているので、今後の動画プラットフォームの市場動向やサービスの展開が楽しみですね。