DMPとは?IT初心者でもわかるように説明します【おすすめDMPも】

DMPとは?IT初心者でもわかるように説明します【おすすめDMPも】

近年「DMP」という言葉をよく聞くようになり、様々な企業が「DMP」の導入を始めています。そんな時代ですが「DMP」という意味は理解していますか?

DMPとは様々なデータを収集し、ユーザーとのコミュニケーションを高めるプラットフォームですが、「DMPって難しそう」「DMPって何ができるの?」という方も多いと思いますので、この記事ではDMPの基本から、どんなことができるの?という疑問に答えます。

練馬聡一
練馬聡一
IT企業の方はもちろん、小売業界の方も理解しておきましょう!最後に個人的におすすめのDMPもちょっとご紹介します。

DMPとは?

DMPとはData Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)の略で、様々なデータを収集して一元管理、そのデータを分析し、広告を中心としたマーケティングの最適化をするためのプラットフォーム(基盤)のことです。

DMPのデータ活用の流れ

今までのマーケティング施策は、別々に管理されて個別に実施されていました。ですがDMPが導入されることで別のチャネルで実施されている施策を一元管理し分析することで、ユーザー1人1人に最適なマーケティングを行うことができます。

店舗とECサイトのクロス分析

例えばこのような実店舗のデータとECのデータを統合して分析することができるようになります。詳しくはオムニチャネル戦略とは?店舗×ECサイト連携でサービスを最大化!で説明しています。

DMPで管理できるデータとしては、実店舗のPOSシステムから取得した購入履歴などの顧客データや、ECサイト上での購入履歴や行動データ、インターネットを中心とした広告効果のデータなどを収集し、管理、分析していくことができます。

それを最適化し、マーケティング施策に活かしていこう!というのがDMPの約目です。

DMPの種類と特徴

DMPには種類が2種類あり、自社保有のデータを活用する「プライベートDMP」と、自社保有以外のデータを活用する「パブリックDMP」があります。その種類と特徴を説明します。

プライベートDMP

プライベートDMPとは、実店舗のデータやECサイト上の顧客データや購入データ、行動データなどの自社保有するデータを活用することです。

練馬聡一
練馬聡一
上の項目で説明したのがプライベートDMPです。プライベートというその名の通り、自社だけのデータを活用することですね。

パブリックDMP

パブリックDMPはその逆で、第三者が保有しているデータを活用し、マーケティングに活用することです。

パブリックDMPはプライベートDMPとは違い、個人を特定できるデータはないのでCookie等のデータで集約されています。

練馬聡一
練馬聡一
推定であるデータも含めて、性別や年令や住んでいる地域などを目安にターゲティングし、広告配信を行ったりできます。

DMPを導入するメリット

データを収集して管理するだけではDMPを導入する意味はありません。DMPを導入するメリットは、顧客とのコミュニケーションを最適化できるということです。

マーケティング活動をを行うときに、ユーザーが全く興味・関心がないものをアプローチしても意味がないですよね。簡単に例えると男性に対して女性向け商材の広告をしてしまったり、1000円のものを毎回買っている人に対して10万円の商品をアプローチしても、ユーザーが求めているものとはかけ離れてしまいます。

今まではデータの分析が困難だったため、売り手目線のマーケティング(マーケティングの4P)がメインとなってしまっていましたが、DMPを導入しデータを分析することで、ユーザー(消費者)目線のマーケティング(マーケティングの4C)が実現できるようになります。

練馬聡一
練馬聡一
マーケティングの4Pと4Cの詳細はこちら

⇒マーケティングの4Pとは?基本を理解して最適な施策をしよう

⇒マーケティングの4Cとは?現代マーケティングの考え方を理解しよう

DMPの導入に向いている企業

DMPの導入に向いている企業は、やはり小売企業(BtoC)です。

企業間取引のBtoB企業も導入している場合もありますが、BtoBの場合は情報収集をしている方(担当者)と、決定者が違う、さらに決定者と決済者が違うということで、アプローチをしても決済までが長いので、少し不向きです。それはBtoBとBtoCのマーケティングの違いで詳しく解説しています。

なのでDMPを導入してマーケティング施策を最適化する上では、ターゲットが決済者である小売企業(BtoC)企業が導入向いています。

練馬聡一
練馬聡一
私の場合は決済者が妻なので、私にアプローチされても難しいのですが笑

DMPまとめ

DMPの基本から、どんなことができるの?という疑問は解決しましたか?

DMPとはData Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)の略で、様々なデータを収集して一元管理、そのデータを分析し、広告を中心としたマーケティングの最適化をするためのものです。

ぜひユーザーに対して最適なマーケティング、コミュニケーションをとっていきたいという方は、導入を検討してみてください。

練馬聡一
練馬聡一
最後に・・・。私的に比較的スモールスタートでおすすめのDMPは、Rtoasterb→dashJuicerかな。