マーケティングの4Pとは?基本を理解して最適な施策をしよう

マーケティングの4Pとは?基本を理解して最適な施策をしよう

マーケティングの4Pとは、商品やサービスを市場に投入するときに、売れるために必要な4つの要素のことです。

実施したいマーケティング戦略を落とし込むためには、いくつかのフレームワークを組み合わせて使うことが多く、これから説明する「マーケティングの4P」もそのフレームワークの1つです。

この記事では、マーケティング戦略を実施する際のフレームワークの1つである「マーケティングの4P」について解説をします。

練馬聡一
練馬聡一
マーケティングの話のときは結構話にでるので、4Pだけでも言えるようにしておきましょう!

マーケティングの4Pとは?

マーケティングの4Pとは、商品やサービスを市場に出し売れるために必要な、

  1. Product(商品・サービス)
  2. Place(流通)
  3. Price(価格)
  4. Promotion(プロモーション)

4つの要素の頭文字「P」ををとったものです。

練馬聡一
練馬聡一
適切な商品を、適切な場所に、適切な価格で、適切なタイミングで提供する。と商品が売れると言われているやつですね。

他の呼び方で「マーケティングミックス」とも言われたりしていますが、少し違います。

「マーケティングミックス」とは、商品やサービスを市場に出す過程で、様々なマーケティング施策やツールを組み合わせる総称のことですが、その中でも「マーケティングの4P」は売り手側の視点で考えられたもので、アメリカのEJ McCarthyさんが1960年に「Basic Marketing – A Manalial Approach」という書籍で最初に表現したものです。

マーケティング戦略を実行し売れるためには、①製品・商品開発、②営業活動、③値付け、④広告宣伝を4つの要素(4P)として考えることで、多くの商品を売っていこうという考え方です。

それではそのマーケティングの4Pを、具体的に自社の商品・サービスにあてはめて考えていきましょう。

Product(商品・サービス)

まずは「Product(商品・サービス)」ですが、要するに「売り物」がどうか?ということですね。例えば「この商品はすごくいいんだ!」と思って製作をしたとしても、実はユーザーは全く良いと思わなかったり、実はニーズがなかったりすることがあります。

⇒プロダクトアウトとマーケットインとは?両方の考えが成功の秘訣!

もし商品・サービスをこれから作るという場合は、市場に投入する前にこのようなことを考えてみましょう。

「その商品は・・・」

  • 求めているものはなにか?
  • ユーザーニーズを満たすためにはどのような特徴があるか?
  • 足りない機能はあるか?
  • 使用しない機能がないか?
  • どのように、どこで使用しますか?
  • どんなサイズ、色でなければいけないか?
  • 何と呼ばれるのですか?
  • どのようにブランド化されていますか?
  • 競合他社との差別化はどのようにして行われますか?
  • 十分な収益を上げて販売するには、どれだけの費用がかかるのか?
練馬聡一
練馬聡一
市場に出す前には、商品がこのようなことを満たしているのかを考えてみましょう!

Place(流通)

続いては「Place(流通)」ですね。流通というのは簡単にいうと、その商品が手に入る場所のことです。直営店舗で商品を売ったり、小売店に卸したり、ECサイトで売ったりすることで商品を流通させることができます。

それではこれも市場に投入する前にこのようなことを考えてみましょう。

「その商品は・・・」

  • バイヤーはどこで探すのか?
  • 販売している場所はどこで、どのような種類ですか?
  • 専門のブティック、スーパーマーケット、その両方?ECサイト?またはカタログ経由で直接?
  • どのようにして適切な流通経路にアクセスできますか?
  • 販売員を使用する必要がありますか?または展示会に出展しますか?オンラインで掲載するのか?または、サンプルをカタログ会社に送付しますか?
  • あなたの競合相手はどこですか? どのように差別化することができますか?
練馬聡一
練馬聡一
このような感じで商品が手に入る場所をしっかり考えていきましょう。ということです!

⇒競合調査のマーケティングのポイントは比較・分析です

Price(価格)

続きまして「Price(価格)」ですが、適正な価格というのは非常に表現が難しいのですが、商品としても流通している市場においても、競合他社と比較しても適正な価格なのか?ということです。

それではそのPrice(価格)についても考えてみましょう。

「その商品は・・・」

  • バイヤーへの商品・サービスの価値は?
  • 価格のポイントはありますか?
  • 同じ地域の商品・サービスの価格は?
  • 顧客は価格に敏感なのか?
  • どのような割引が提供されるべきか?
  • 競合他社とどのように価格の比較されるのか?
練馬聡一
練馬聡一
もちろん最低限の利益を取りつつも、商品的にも市場的にも競合他社と比べても適正な価格をつけましょうってことですね!

Promotion(プロモー ション)

マーケティングの4Pの最後は、「Promotion(プロモーション)」です。プロモーションに関してはどんなメディア(媒体)を使うかということも重要なのですが、いつ発信するか?というタイミングも重要です。

「その商品は・・・」

  • プロモーションをどこに、いつターゲットに届けることができるか?
  • インターネット、プレス、テレビ、ラジオ、看板などどのメディア(媒体)が最適か?
  • いつがプロモーションに最適な時期か?
  • 市場に季節性はあるか?
  • 市場の環境問題はあるのか?
  • 競合他社はどんなプロモーションを行っているか?
  • それはどんなプロモーション活動の選択に影響を及ぼすか?
練馬聡一
練馬聡一
どのメディアにいつプロモーションを行なっていくのか。競合他社とも比べてみましょう。

⇒オウンドメディア戦略、3つのマーケティングチャネルを活用しよう

⇒雑誌が運営するWebメディア指標一覧!掲載ならどのメディアか?

マーケティングの4Pまとめ

マーケティングの4Pを全て上回れば市場でひとり勝ちができるということなのですが、全てを競合他社よりも上回ることは難しいです。

ではマーケティングの4Pはどれが一番重要なのか?というと順番をつけるのであれば、

  1. 場所(Place)
  2. 価格(Price)
  3. 商品・サービス(Product)
  4. 宣伝(Promotion)

の順番と言われています。

マーケティングの4Pは、長年にわたって行われてきたマーケティングのフレームワークの1つにすぎませんが、マーケティング戦略をスムーズに行うには良い考え方です。

マーケティング4Pとは?

  1. 商品・サービス(Product):ユーザーニーズを満たしてるか?
  2. 場所(Place):ユーザーは市場でそれを見つけられるか?
  3. 価格(Price):ユーザーはそれが適正な価格設定がされていると考えれるか?
  4. 宣伝(Promotion):プロモーションはそれらに届くでしょうか?
練馬聡一
練馬聡一
ぜひこのマーケティングの4Pを理解して、市場に出していきましょう!