キャッチコピーの作り方は、5つのポイントを意識すればOKです

キャッチコピーの作り方は、5つのポイントを意識すればOKです

いいキャッチコピーが作れない!浮かばない。キャッチコピーが必要なのは広告を作ることだけではありません。お客様へのメールや社内企画、販促物など「伝える・売る」ためにちょっとしたキャッチコピーの作り方を知ることは、誰でも重要なスキルです。

キャッチコピーの作り方は5つのポイントを意識するだけで魅力的なキャッチコピーを作ることができます。今回はマーケティングや営業の皆様のために、キャッチコピーの作り方を5つのポイントで解説したいと思います。

キャッチコピーの作り方が上手くなるとどうなる?

結論 仕事が増えます。

キャッチコピーの作り方が上手になると様々な仕事が舞い込んでくるようになります。

この仕事というのは多くのことを指すのですが、例えば営業マンであれば代表的なものとして「プレゼン資料」なんかはキャッチコピーの塊ですよね。ほとんどのページがキャッチコピーで構成されているようなものです。

プレゼン資料だけでなく、見込み客獲得のDMやお客様とのメールのやり取りなども含め、キャッチコピーの作り方が上手いと様々なことが上手くいくようになり、結果仕事が増えるということにつながります。

マーケティング担当者もキャッチコピーが作れると仕事が増えます。WebサイトやECサイトにおいても、上手なキャッチコピーを作ることができるようになれば、ABテストを駆使して広告からの訪問数が増加したり、コンバージョン率、売上増加につながり、結果的に仕事が増えるということにつながります。

⇒無料で強力なABテストが可能「Googleオプティマイズ」

練馬聡一
練馬聡一
色々な企画会議にも呼ばれたりするかもしれません。仕事が増えてかえって嫌になるかも笑

ということで本題のキャッチコピーの作り方、意識するポイントを解説します。

キャッチコピーの作り方、意識する5つのポイント

この5つのポイントを意識するだけで、とても良いキャッチコピーの作り方がイメージできるはずです。その意識すべきポイントをご紹介します。

①誰に伝えるのか?を明確にする

キャッチコピーを作るときに「誰に伝えるのか?」を明確にしましょう。5つのポイントの中でこれが一番大事です。

キャッチコピーは「人に伝えて心と体を動かす」のが目的なので、より多くの人たちに伝えようとしてしまいがちです。気持ちはわかるのですが、多くの人たちに伝えるキャッチコピーを作るとなると、誰にも伝わらないキャッチコピーになってしまいます。

練馬聡一
練馬聡一
誰でもビジネスが上手くいく、秘密の方法を教えます!

これだと「誰でも」という言葉でより多くの人に伝えようとしてしまい、誰?どんな人?ということが明確になっておらず、結果誰にも伝わりません。

練馬聡一
練馬聡一
今月アポイントを取れていない営業マンの方に、秘密の方法を教えます!

「秘密の方法」という胡散臭い表現は置いておいて・・・、「今月アポイントを取れていない営業マン」に向けてのキャッチコピーということが明確になっており、該当する人は絶対に気になる内容になっていると思います。

練馬聡一
練馬聡一
本当にアポイントが取れていない営業マンの方はぜひこちらをご参考ください笑

⇒法人営業の基本、テレアポ(電話営業)の5つのコツをご紹介

②数字を活用する

キャッチコピーに関わらず、人に物事を伝えるのに具体的な数字を使うということは非常に重要です。

数字はなぜか不思議な力があると思います。当然キャッチコピーを作る際にも数字を使うことにより、明確なイメージをもたせることができます。例えば先ほど事例に出したテレアポのキャッチコピーに数字をつけるとさらにイメージが膨らみます。

練馬聡一
練馬聡一
今月1件もアポイントを取れていない営業マンの方に、秘密の方法を教えます!

「今月アポイントを取れていない営業マンの方」=頑張ろう!となりますが、「今月1件もアポイントを取れていない営業マンの方」=このままだとマズイ!

というように緊急性や不安のイメージが具体的に膨らむと思います。数字を活用することによりキャッチコピーをパワーアップさせることができます。

③ネガティブ要素を使う

人に伝えて心と体を動かすということは、ポジティブなことよりも、不安・恐怖などのネガティブ要素を使った方が動かしやすいと言われています。

例えば営業活動が上手くいく情報商材を販売したいというときに、また先程のキャッチコピーの事例を例に挙げますが・・・

練馬聡一
練馬聡一
誰でもビジネスが上手くいく、秘密の方法を教えます!

これは「上手くいく」というポジティブ要素を盛り込んでいます。誰でもビジネスが上手くはいきたいものですが、ありがちなキャッチコピーですよね。

練馬聡一
練馬聡一
今月1件もアポイントを取れていない営業マンの方に、秘密の方法を教えます!

これはネガティブ要素を盛り込んだキャッチコピーの作り方になっています。

人は利益やメリットを得れるということよりも、損失やデメリットを避けたいという行動を取ることが多いと言われています。「10万円儲かる可能性がある」のと「10万円損失する可能性がある」というのは、後者の方が人々の心を動かしやすいのです。

④ハードルを下げる

キャッチコピーの作り方として、誰でも出来そう!簡単そう!と思わせることが重要です。

伝えたい商品やサービスが素敵なものでも、難しそうというイメージを持たれてしまうと人の心には伝えられても、行動させる(売れる)ことには繋がりません。ハードルを下げて簡易性を伝えて、行動させるような伝え方をしましょう。

例えば先程のキャッチコピー「今月1件もアポイントを取れていない営業マンの方に、秘密の方法を教えます!」のハードルを下げるとすると・・・

練馬聡一
練馬聡一
通勤中に5分見るだけ!1件もアポイントが取れていない営業マンがトップセールスになった方法

毎日見るという表現はハードルが高まってしまいますが、通勤中に5分だけならハードルは低くなり、誰でもできそうですよね??

このようにハードルを下げ簡易性を伝えることで、行動(売れる)するようになります。

⑤ベネフィトを伝える

キャッチコピーの作り方として重要なのが、メリットよりもベネフィットを伝えることが重要です。

例えば私の月々のお小遣いは3万円です泣。これは世の中のお父さんの平均的な金額らしいですが、このお小遣いが1万円増えたら世の中のお父さんは嬉しいですよね。

練馬聡一
練馬聡一
というか、私も嬉しいです!笑

ちなみにこの「お小遣いが1万円増える」ということは、メリットとなります。

キャッチコピーの作り方としてはメリットよりもベネフィトを伝えることが重要でして、ベネフィットとは、それにより与えられる「利益・恩恵」のことを言います。

⇒マーケティングにおけるベネフィット&メリットと勝手に事例をご紹介

お小遣いが1万円増えることのベネフィット

いま手にとった発泡酒が、迷わず隣のビールになる
同僚の、飲みの誘いに3回行ける

例えばこのような形でお小遣いが1万円増えることによる「利益・恩恵」を伝えることが重要です。

練馬聡一
練馬聡一
夢がない例えですみません!とにかく1万円アップしてほしい!

キャッチコピーの作り方、意識する5つのポイントまとめ

なんとなく良いキャッチコピーが作れるような気がしてきませんか?今回ご紹介した5つのポイントをまとめますと、

①誰に伝えるのか?を明確にする
②数字を活用する
③ネガティブ要素を使う
④ハードルを下げる
⑤ベネフィトを伝える

この5つのポイントを意識してキャッチコピーを作れるようになると、みなさんの仕事が一気に増えるようになります!ぜひこのポイントを参考に、良いキャッチコピーを作ってくださいね。