ECサイトで定期購入を実施したい!ECカート比較ランキングTOP5

ECサイトで定期購入を実施したい!ECカート比較ランキングTOP5

化粧品や健康食品などをECサイトで販売する場合、定期購入サービスを提供したいという企業は多いと思います。

ECサイトを構築するカートシステムには得意不得意があり、ECカートの機能や拡張性を理解しないで構築してしまうと、お客様に満足いただける定期購入サービスを提供することができなくなり、当然売上も上がりません。

この記事では、化粧品や健康食品をはじめとしたECサイト(単品リピート通販)を行いたい担当者さん向けに、定期購入機能が充実しているECカートをランキング形式でご紹介します。

練馬聡一
練馬聡一
もともとECシステム会社にいた私が忖度なしでお伝えしますので、ご安心ください!

3つの定期系ジャンル・サービスを理解しよう

デジタル先進国のアメリカで始まった「ECサイトの定期購入」というサービスですが、国内で言われているリピート通販と呼ばれるECサイトの販売手法があり、

そんなリピート通販という販売手法のなかには、

  1. 単品通販
  2. 定期購入
  3. 頒布会

このようなサービスを展開しています。

定期購入のECカートランキングをご紹介する前に、この3つのポイントを簡単に解説します。

練馬聡一
練馬聡一
ランキングが気になる方は、飛ばして下の方を見てみてくださいね。

単品通販

単品通販とは、リピート通販と呼ばれるEC販売において、同じ商品を繰り返し買ってもらうECサイトのことです。

国内でも単品通販という手法は、

  • 健康食品
  • 美容・化粧品
  • 日用品

このような商材を販売しているEC事業者が多く、なんでも買えるアマゾンのような総合通販サイトとは違い、扱っている商品も数点しかありません。

つまりそのECサイトに訪問するお客様は、既存商品の残りが少なくなった際の補充的な考えで、商品を買いに来るECサイトになります。

詳しくは「単品通販とは?総合通販との違いや売上ランキング、構築方法もご紹介」をご覧ください。

練馬聡一
練馬聡一
通販の基本は単品通販なので、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2020年最新】健康食品ECサイト・ネット通販売上高ランキングTOP88を発表!

定期購入

定期購入とは、リピート通販サイトで毎回購入する手間が省けるように、決まったタイミングで商品が決済され、定期的に手元に届く通販サービスです。

定期購入に申し込むことにより、お客様側のメリットとしては、

  • 毎月注文する手間が省ける
  • 毎回買うより少しだけ安く買える

というメリットがあります。逆にEC事業者側のメリットとしては

  • まとまった売上が確保できる
  • 商品製造・仕入量の目処が立つ

このようなメリットがあります。

なのでEC事業者としては、一人でも多くのお客様にこの「定期購入」を行っていただきたいのです。

練馬聡一
練馬聡一
事業者としてはどのようにして定期購入に申し込ませるか?というマーケティング手法が重要になります。

頒布会(はんぷかい)

頒布会(はんぷかい)とは、定期購入とスキームは同じなのですが、毎回違う商品が配送されるサービスです。

なので化粧品や健康食品のECサイトではなく、食品や飲料系商材のECサイトに実装されていることが多いサービスです。

たとえば毎月旬の食材が送られてくる頒布会や、毎月違うワインやお酒を楽しみたいお客様が、この頒布会を利用しています。

練馬聡一
練馬聡一
定期購入に比べて頒布会を実施しているECサイトは少ないですが、食品などえブランド力のあるECサイトであればお客様に喜ばれるサービスです。

関連記事:【2020年最新】食品EC・ネット通販売上高ランキングTOP100を発表!

定期購入のECカート選定で重視する3つのポイント

本題に入る前に、定期購入サービスを提供したいECサイト構築で選定したい、ECカートシステムにおいて重視する3つのポイントはこちらです。

  1. 初期・月額費用
  2. 連携可能な決済サービス
  3. 外部サービス・外部ツールとの連携

こちらも簡単にご紹介します。

① 初期・月額費用

ECサイトを運営する際に重要なのは、初期構築費用と月額費用です。

これがあまりに高いと、ECサイトでどれだけ売っても利益が残らず、ECサイトを存続することができなくなってしまいます。

大規模なECサイト構築したい場合は、「ECパッケージ」と呼ばれるカスタマイズが可能なシステムを選ぶべきですが、これから始めたいという場合は「ASPカートシステムでECサイト構築、7つのメリットをご紹介」で解説しているASPカートを選ぶようにしましょう。

ASPカートであれば、初期費用や月額費用は数万円〜数十万円でECサイトを運営することができます。

練馬聡一
練馬聡一
ECサイトの構築費用はこちらの記事も見てくださいね!

関連記事:ECサイトの構築費用は?費用の相場・目安・内訳を解説します

② 連携可能な決済サービス

定期購入があるリピート通販サイトにおいて、非常に重要なのが決済サービスです。

ECサイトにおける決済サービスとは、

  • クレジットカード
  • 後払い
  • コンビニ払い
  • Amazon Payや楽天Payなどの外部決済

このようなお客様が料金を支払う決済方法のことです。

定期購入においては、クレジットカードでの決済が一般的ではありますが、ECカートによっては希望のクレジットカード決済が可能な「決済代行会社」との連携ができるのか?これが重要です。

希望の決済サービスを提供している決済代行会社と連携ができないECカートを選んでしまうと、当然お客様への利便性を損なう形になり、売上アップが見込めなくなります。

希望のサービスを提供している「決済代行会社」との連携可否を、把握しておく必要があります。

練馬聡一
練馬聡一
ASPカートは意外と連携できないという場合もあるので、絶対にチェックしておいてください。

関連記事:ECサイト必須の決済方法は3つ、あと1つ導入するなら?

③ 外部サービス・外部ツールとの連携

最後に、外部サービスや外部ツールとの連携ができるのか?ということも重要です。

  • 楽天やアマゾンなども一括管理する「モール連携ツール」
  • 顧客管理・販促を行う「CRMツール」
  • 顧客セグメントやメール配信を行う「マーケティングオートメーション(MA)」

など、ECサイトの売上アップを行いたい場合のツールと連携が可能なのか?ということも把握した上で、ECカートの選定をしましょう。

練馬聡一
練馬聡一
まぁこれはサイトを運営してから気づくこともあるので、①〜②が最も重要ですね。

関連記事:モール連携ツールとは?自社ECと楽天やアマゾンを一元管理しよう

定期購入を実施したい!選ぶべきECカートランキングTOP5

それでは本題の定期購入を実施したい場合に、私がEC責任者だった場合に、選ぶECカートランキングTOP5をご紹介します。

  1. サブスクストア(旧 たまごリピート)
  2. リピートPLUS
  3. 侍カート
  4. リピスト
  5. FutureShop

私的な定期購入サービスを提供したいECカートランキングはこちらです。それでは簡単にご紹介します。

サブスクストア(旧 たまごリピート)

  • 会社名:テモナ株式会社
  • 初期費用:49,800円〜
  • 月額費用:69,800円〜
  • 構築実績:1,000社

旧たまごリピート2019年4月にリニューアルした「サブスクストア」です。

もし私自身が定期購入サービスを提供するECサイトを運営するとしたら、間違いなくサブスクストア>を選びます。

まず定期購入の機能としては申し分ないのですが、有名リピート通販系の導入実績が多いということと、なんといっても外部サービスやツールとの連携が多くできるということです。

練馬聡一
練馬聡一
マーケティング観点から言うと、顧客データ項目がもう少し多ければ!と思うのですが、ECとしては十分な定期購入機能を有しています。

リピートPLUS

  • 会社名:w2ソリューション株式会社
  • 初期費用:59,800円〜
  • 月額費用:59,800円〜
  • 構築実績:250社

続いては、w2ソリューション株式会社が提供している「リピートPLUS」です。

定期購入を中心としたリピート通販を行うには、費用面やシステム機能面でも良いシステムで、定期購入への引き上げがしやすいECカートです。

期待したい点としては、ご紹介しているTOP5のなかで唯一ECパッケージ(w2commerce)を提供している会社であり、中~大規模系のECサイトに導入されているという点です。

やはり小規模ECサイトを構築しているよりは、中~大規模サイト事業者の声や知見がリピートPLUSにアップデートされる傾向があるので、中長期的に見た場合は、「リピートPLUS」を選ぶことをオススメします。

練馬聡一
練馬聡一
EC事業者の声が反映されていくASP(クラウド)カートは将来性がありますよね。あとは同社社長が男前です笑

侍カート

  • 会社名:株式会社FID
  • 初期費用:70,000円〜
  • 月額費用:100,000円〜
  • 構築実績:400社

3位に選んでいるのが、株式会社FIDが提供しているリピート通販向けの「侍カートです。

侍カートは2013年からカートサービスを提供していて、健康食品や化粧品系の有名企業も利用しています。

練馬聡一
練馬聡一
カートの名前が大丈夫?って感じの名前ですが、機能はしっかりしていますよ。

関連記事:リピート率の計算方法とは?ECで目指すべき平均リピート率をご紹介

リピスト

  • 会社名:株式会社PRECS
  • 初期費用:29,800円〜
  • 月額費用:14,800円〜
  • 構築実績:500社

4位は株式会社PRECSが提供している「リピスト」です。

低価格なECカートではありますが、マーケティングオートメーションやCRMツールとの連携も多くできるので、マーケティングで売っていきたい企業であれば、費用感や価格もいい感じです。

まずは定期購入ができるECサイトを構築しようという方は、この「リピスト」はオススメです。

練馬聡一
練馬聡一

関連記事:ECマーケティングとは?マーケティングとの違いを知り成功させよう

FutureShop

  • 会社名:株式会社フューチャーショップ
  • 初期費用:22,000円〜
  • 月額費用:27,000円〜
  • 構築実績:600社

最後に5位に選んでいるのが、「FutureShop」です。

FutureShop」は、リピート通販向けのECカートではなく、総合通販向けのECカートなのですが、ASPカートの中でもダントツの機能・性能を有しています。

さらに同社は女性の社長なのですが、先進的で、AmazonPayとの連携、LINEとの取組など、非常に時代の流れに乗る動きが早いです。

そのような観点から、複数商品を扱う場合は「FutureShop」を検討するのも良いと思います。

練馬聡一
練馬聡一
総合通販だったら間違いなくこちらなんですけどね・・。

定期購入に最適なECカートを選定しよう

ここまでご覧いただきありがとうございます。

化粧品や健康食品などをECサイトで販売する場合、定期購入サービスをECサイトで提供したいという企業は多いと思いますが、

ECサイトを構築するカートシステムには得意不得意があり、ECカートの機能や拡張性を理解しないで構築してしまうと、お客様に満足いただける定期購入サービスを提供することができなくなり、当然売上も上がりません。

ASPカートだと営業担当が詳しく説明してくれない企業も多いですが、しっかり調べて構築を検討しましょう!