ASPカートシステムでECサイト構築、7つのメリットをご紹介

ASPカートシステムでECサイト構築、7つのメリットをご紹介

ASPカートシステムでECサイトを新規構築、リニューアルをしたいという担当者さん向けに、ASPカートでECシステムを導入する際のメリットを7つご紹介します。私はASPカートシステムベンダーに在籍していたことがありますので、その経験をもとに皆様にASPカートで構築するメリットをお伝えしていきたいと思います。

もしまだECサイトを構築するシステムを選んでいない場合は、こちらに4つの構築方法を書いているのでこの記事を参考に構築方法を検討してみてくださいね。

⇒自社ECサイト構築の4つの方法を元プロが説明

ASPカートシステムとは?

ASPカートとはアプリケーションサービスプロバイダの略で、インターネットを使ってシステム会社のサーバにアクセスし、そのシステムの中でECサイトを構築する方法です。

楽天やアマゾンと違って、独自ドメインである自社のECサイト(個人ももちろん可能)を構築することができるので、ネットショップ・ECサイトを構築するにはとても素晴らしいサービスです。

練馬聡一
練馬聡一
ここにASPカートのかなり詳しい?ちょっと長いですが詳しく説明しているので、詳しくはこちらをご覧ください。

⇒EC構築 ASP・クラウド・パッケージの違いをかなり詳しく説明

ASPカートでECサイトを構築する7つのメリット

本題のASPカートのメリットは以下の7つです。

  1. ECサイトがすぐオープンできる(最短5分)
  2. 初期費用が安い(数千円〜数万円)
  3. 月額費用も安い(数千円〜数万円)
  4. フロント機能が豊富(売るための機能が充実)
  5. サーバーを用意しなくていい(ASP会社のサーバーを使える)
  6. 自動で機能がアップデートされる(システムが常に最新)
  7. 不具合が少なくセキュリティ面でも安心(共通プラットフォームだから!)

それではその7つのメリットを詳しく解説します。

①ECサイトがすぐオープンできる(最短5分)

まずECサイトを構築する時間としては充実したテンプレートがあるので、商品名や商品写真さえ用意してしまえば、本当に5分でECサイトをオープンさせることができます。

練馬聡一
練馬聡一
とはいえデザインなどちゃんとしたECサイトを作るならもう少しかかりますけどね!

②~③初期・月額費用も安い(数千円〜数万円)

初期費用・月額費用ともに数千円〜数万円と非常に安いです。これがASPカートのメリットの中でも非常に素敵なメリットなのではないでしょうか。

練馬聡一
練馬聡一
平均的には月額1万円前後が多いですかね。

④フロント機能が豊富(売るための機能が充実)

ASPカートはフロント機能が非常に充実しています。例えば商品を検索するサイト内検索機能とか、商品をセットで買うと割引ができるとか、値引き・割引ができるクーポン発行やカゴ落ちを防ぐ機能など。

ASPカートのシステムをどれにすればいいのか?というところでいくと、このフロント機能が自社(個人も含む)の業種業態や商材によってマッチした機能が充実しているASPカートシステムを選ぶのが良いと思います。

練馬聡一
練馬聡一
後ほど説明しますが、この機能がどのASPを選ぶべきなのか?という一番の判断基準になるでしょう。

⑤サーバーを用意しなくていい(ASP会社のサーバーを使える)

本来ECサイトを構築するにあたりレンタルサーバーなどを用意しなければいけないのですが、これはASPカートシステムが提供しているサーバーを利用することができるので、あまり気にしなくてもOKです。

練馬聡一
練馬聡一
これも楽でいいですね!サーバーのメンテナンスも結構大変なので・・・。

⑥自動で機能がアップデートされる(システムが常に最新)

共通のプラットフォームを使っているため、ユーザーのリクエストをもとに、機能が自動的にアップデートされて、常に最新の環境でECサイトを運営することができます。

練馬聡一
練馬聡一
システムを改修する必要がないので、これは嬉しいですね!

⑦不具合が少なくセキュリティ面でも安心(共通プラットフォームだから!)

ASPカートシステムに不具合がないように、システム会社が常時メンテナンスを行なっているため、安定したシステムを利用することができ、同時にセキュリティも高いので安心です。

練馬聡一
練馬聡一
逆に共通のプラットフォームを使っているので、1箇所不具合があった場合全ユーザーに影響を及ぼしてしまうので、逆にあってはならないことなのです。

どこまでASPカートで運用できるのか?

ということでASPカートの特徴的な7つのメリットをご紹介しました。ですがASPカートにも限界があります。どこまでASPカートでECサイトを運用できるのか?これを経験からお伝えすると、

結論 年商1億円を越えたあたりから、運用が厳しくなってくる

ということをお伝えします。商材や商品単価によっても違いはありますが、年商1億円を越えてくると受注業務が大変なことになってきます。

ASPカートの裏の業務(バックエンド業務なんていわれています)はすべて手動での運用となります。

例えば受注したデータの在庫管理や発送管理などデータをCSVで出力して倉庫に送ったり、自社で使っている他のシステム(基幹システムなど)にデータを入力したりと、手動運用の業務が回らなくなってきます。

その業務運用が厳しくなってきたら、次のステージであるクラウドECやECパッケージを検討しましょう。

検討した方がよいおすすめASPカート

それではどこのASPカートシステムを選べば良いのか?おすすめのASPカートシステム会社をお伝えします。

練馬聡一
練馬聡一
あくまでも私の個人的意見なので、ご参考までに!

総合的なECサイトをつくりたい

MakeShop(GMOメイクショップ株式会社)
カラーミーショップ(GMOペパボ株式会社)
ショップサーブ(株式会社Eストアー)
FutureShop2(株式会社フューチャーショップ)

定期購入や単品通販に強いECサイトを作りたい

たまごリピート(テモナ株式会社)
侍カート(株式会社FID)

練馬聡一
練馬聡一
上記のASPカートであれば、素敵なECサイト構築が可能です。全部有名な企業で多くの実績があり、どこでも間違いないと思います。サイトも見て比べてみてください!

ASPカートでECサイト構築まとめ

いかがでしたでしょうか?ASPカートでの大きな7つのメリットをご紹介しました。この記事でぜひ沢山のメリットがあるASPカートでECサイトをオープンし、売上の拡大、事業拡大に挑戦してください!

練馬聡一
練馬聡一
もしもっと詳しく教えて!ということがあればコメントでもお問い合わせでもお待ちしております!