ECサイトの機能一覧!必ず理解すべき5つの基本機能とは?

ECサイトの機能一覧!必ず理解すべき5つの基本機能とは?

ECサイトはよくあるWebサイトとは違い、商品を販売するための機能が充実しています。

ECサイトを構築したい、ECサイトのリニューアルを考えているという場合は、多くのECシステム(製品)から最適なシステムを選定していく必要がありますが、世の中には多くのECシステムがあり、標準で備えている機能が違います。

そんな最適なシステムを選定するためにも、ECサイトの基本機能を知っておく必要があります。この記事では必ず知っておくべきECサイトの基本機能について解説していきます。

まずECサイトとは?

あらためてECサイトの説明をすると、ECサイトとは、「Electronic Commerce(エレクトロニック・コマース)」サイトの略で、日本語で「電子商取引」という意味です。

Webサイト上に商品を掲載することができて、決済まで行うことができるWebサイトのことです。

ECサイトの種類としては自社ドメインで立ち上げる方法と、楽天やアマゾンのようなECモールに出店する方法があります。詳しくは「ECサイトとは?種類・構築方法・運営まで、初心者向けに徹底解説」をご覧ください。

練馬聡一
練馬聡一
ECサイトに関しては、楽天市場やアマゾンなどでもうおなじみですよね。

自社ドメインで立ち上げる方法としては、システム会社が提供しているASPカートや、ECパッケージシステムを導入することで構築することができます。

このようなECシステムは提供各社によって機能は様々ですが、大まかにいうと5つの機能を有しています。それでは本題のECサイトの基本機能について解説していきます。

ECサイトの5つの基本機能とは?

ECサイトには様々な機能がありますが、ECシステムの基本機能は、大まかに分けると5つに分けられます。

  1. 商品系機能
  2. 注文系機能
  3. 会員(顧客データ)系機能
  4. デザイン系機能
  5. 販促・分析機能

この5つの機能に分類され、この機能が連携することによって、ECサイトとして機能します。ではこの5つの機能の説明と、各機能に有している代表的な機能をご紹介してきます。

その①「商品系機能」

ECサイトは商品を販売するWebサイトなので、重要な商品系の機能をまずご紹介します。

商品管理機能

販売する商品に対して、商品名や販売価格、商品画像、商品説明などを登録・編集する機能です。これは商品マスタともいわれ、色やサイズなどのSKU別の商品管理も可能です。

カテゴリー機能

登録した商品をカテゴリーにわける機能です。たとえばアパレルのECであれば、コートやジャケットなどのカテゴリーで分類することもでき、ブランドごとにわけたりすることも可能です。

在庫管理機能

販売する商品数、つまり在庫の数量を管理し、商品が売れれば減り、仕入れれば増やす。このような「在庫数」や「在庫金額」を管理する機能です。

その②「注文系機能」

ECサイトでは商品を販売することが目的なので、お客様からの注文(受注)を管理するような注文系機能も多く存在します。

注文管理機能

ECサイトで非常に重要な、お客様の注文を管理する機能です。「注文管理機能」は、ECサイトで販売(注文)した商品や販売金額、売れた数量を管理することができます。

決済管理機能

注文された商品がどのような決済方法でお買い上げいただいたのか?を管理する機能です。たとえばクレジットカードや商品代引、コンビニ払い、銀行振込などの決済関連を管理し、入金などの管理もできる機能です。

⇒ECサイト必須の決済方法は3つ、あと1つ導入するなら?

出荷管理機能

注文いただいた商品は倉庫から発送され、お客様の指定の住所に届きます。その出荷に必要な配送先の情報を管理する機能です。

その③「会員(顧客データ)系機能」

ECサイトの会員、つまり顧客データを管理する機能です。主だった機能は以下の3つです。

顧客管理機能

ECサイトで会員登録やお買い上げいただいたお客様を管理することは、CRMの観点でも非常に重要です。「顧客管理機能」はお客様の名前やメールアドレス、住所や性別、年齢、購買データや配送先データなどを管理する機能です。

メール配信機能

ECサイトでは基本メールでのやり取りが通例です。注文完了や発送完了のメールを配信するだけでなく、顧客に対してメルマガの配信などを行う機能です。

その④「デザイン系機能」

ECサイトは見た目が非常に重要です。オシャレなだけでなく、お客様が買い物をしやすい導線設計など、ECサイトのデザインをする機能があります。

CMS機能

Webサイト全般のデザインを行う機能として、CMS(コンテンツマネジメントシステム)機能があります。商品の並べ方やメニューの項目、HTMLをはじめとしたWeb・ECサイトのデザインをする機能です。

特にフロント側(お客様がスマホやPCで見る画面)をデザインするものです。

その⑤「販促・分析機能」

ECサイトは自動販売機ではないので、売上アップを目指すには、分析をもとに様々な販促を行っていく必要があります。そんは販促や分析の機能をご紹介します。

キャンペーン機能

ECサイトの販促施策としてキャンペーンを管理・実施できる機能は必須です。たとえばセットで割引のまとめ買いキャンペーンや、年末年始のセールなどです。このような普段とは違うキャンペーンを行い、ECサイト上での販売促進を行う機能です。

クーポン機能

10%OFFのクーポンや1000円引きのクーポンなども販売促進に活用できます。クーポンを発行できるだけでなく、会員限定のクーポンや年間購買回数が多いお客様だけの限定クーポンの管理や実施ができる機能です。

売上分析機能

売上金額による分析や、どの商品が売れているのか?という商品別の売上分析を行える機能があります。販促を行ったとしても、その結果が分析できないと意味がありませんので、このような機能を活用して売上アップを目指していきましょう。

顧客分析機能

商品別の売上分析も必要ですが、顧客を総合的に分析するのも、CRMの観点から重要です。たとえばAという商品を買ったお客様が何名いるのか?だったり、1年間商品を買っていないお客様がどの地域に何名いるのか?などを総合的に分析することでECサイトの特性がわかり、売上アップを狙うことができます。

⇒ECで売上が伸び悩んだら、CRMを分析し徹底的に見直そう!

EC機能を理解してより良いECサイト構築・運営を目指そう

ここまでご覧いただきありがとうございます。

ECサイトを構築したい、ECサイトのリニューアルを考えているという場合は、多くのECシステム(製品)から最適なシステムを選定していく必要がありますが、世の中には多くのECシステムがあり、標準で備えている機能が違います。

そんな最適なシステムを選定するためにも、ECサイトの基本機能を知っておく必要があります。

ECサイトの基本機能は大まかに分けると5つあり、

  1. 商品系機能
  2. 注文系機能
  3. 会員(顧客データ)系機能
  4. デザイン系機能
  5. 販促・分析機能

この機能が連携することによって、ECサイトとして機能します。

ECサイトの基本機能を理解して、お客様が買いやすく、事業者としても業務効率化を図り、売上アップを目指していきましょう。

ご覧いただきありがとうございます。ぜひ「ECサイトの運営業務を効率化・改善することが、売上アップの近道!」もご覧ください。