ZoomやTeamsをクレジットではなく請求書支払いする方法【代理店契約】

ZoomやTeamsなど、リモートワークの普及により多くの企業がWeb会議ツールを導入しています。

法人においても利用する社員も多いのですが、まだまだ無料プランで使っている方も多いと思います。

とはいえ無料プランではWeb会議も40分、録画をはじめとした機能制限もあるため、有料プランへの検討をしている担当者さんも多いと思いますが、有料プランのネックになるのが「支払い方法」です。

ZoomをはじめとしたSaaSツールはクレジットカード決済が多いのですが、法人取引では請求書での支払いしかNGという企業も多くあります。

ですが代理店契約を行うと、請求書での支払いや銀行振込など、旧来の支払いに対応が可能になります。

この記事では、ZoomやTeamsをはじめとした通常の支払い方法や、SaaS型のツールを請求書支払いで契約する方法を解説します。

この記事を読めば、もうSaaS型ツールの契約や支払い方法で迷うことはありません、ぜひご覧ください。

※この記事には一部PRが含まれます

Web会議ツールのシェアNo1はZoom

世界のWeb会議ツールのシェア1位はZoom

出典:EmailToolTester

日本と世界のWeb会議ツールのアンケート

私も普段の仕事では欠かせないツールになっているのが、Web会議ツールです。

世界的なシェアとしては、

  1. Zoom
  2. Teams
  3. Googlemeet

となっており、Googlemeetも一部の国ではシェアが高いです。

日本でもZoomとTeamsのシェアが高く、多くの企業や個人が利用しています。

ZoomやTeams(Microsoft365)の支払いはクレジットカード

企業としていざ有料プランにしようと思ったときに、意外と障壁になるのが「支払い方法」です。

近年のSaaS型ツールの基本的な支払い方法がクレジットカードになっていて、どうしても「請求書」「銀行振込」でないとサービス利用ができないという企業も多数存在します。

ZoomやTeams(Microsoft365)は、直接メーカーでの契約も可能なのですが、まずは直接契約した場合の支払い方法をご覧ください。

Zoom直販の支払い方法

Zoomミーティングのキャプチャ

Zoomを無料プランで利用していて、公式サイトから有料プランに切り替える際は、

  1. クレジットカード支払い
  2. PayPal支払い

どちらかが可能です。

クレジットカードの支払い方法としては、日本の法人でもよく使われている、

  • Visa
  • Master
  • JCB
  • American Express
  • Discover

のクレジットカードが利用できるので、企業として法人クレジットカード支払いがOKな企業は、問題なく利用することができます。

請求書ではなく口座引き落としの方法としては、PayPalを利用することで支払いが可能になります。

練馬 聡一
世界でもシェアが高い決済方法ですが、昔ながらの企業は「PayPal」ってなに??ってなっちゃいますよね…。

Teams(Microsoft365)の支払い方法

teamsのキャプチャ

続いてWeb会議ツールシェア2位のTeamsです。

使用メモリや動作が非常に重く、外部とのWeb会議でいうとZoomのほうが圧倒的に使いやすいのですが、Microsoftのその他ソフトとの連携、社内チャットの使いやすさでいうとTeamsに軍配があがると思います。

TeamはMicrosoftが提供する「Microsoft365」の一つのサービスとして利用をしていきますが、

  1. クレジットカード支払い
  2. 請求書からの銀行振込 ※条件あり

を選ぶことができます。

この請求書発行からの銀行振込においては、ある一定の条件があり「支払額が48,500円以上」で銀行振込が可能になります。

最も低価格な「Microsoft 365 Business Basic」は、1人あたり月間650円となるので、利用する人数を増やすか、複数名での年間での一括支払いのどちらかで、請求書支払いが可能になります。

仮に毎月の請求となると、75名が利用しないと請求書支払いができない形になりますので、小規模企業の場合は年間契約で請求書払いが可能になります。

練馬 聡一
ほぼ年間で支払いしないと利用できないって感じですね。

請求書払いにするには代理店契約

このようなWeb会議ツールをはじめとしたSaaS型のサービスは、ほとんどがクレジットカードでの決済が基本になっていますが、代理店契約の場合、請求書での支払いも可能です。

直販契約でも、条件によっては請求書支払いも可能ですが、発行される請求書が英語表記だったり、個別の表記対応が難しいです。

このようなSaaS型ツールは代理店と契約することで請求書払いや、サポート面でのメリットがあります。

練馬 聡一
実はSaaSツールって代理店からも購入可能なんです。

ITreviewでSaaSをまとめて請求書払い

ユーザーに評価された ”本当に良い製品”に出会える! 国内最大級 IT製品/ SaaSのレビューサイト

法人のみが代理店契約が可能ではあるのですが、もし請求書払いにしたい場合は「ITreview」から導入をしてください。

ITreviewとは「IT選びに、革新と確信を」というミッションのもと、ソフトバンクグループのアイティクラウド社が提供する、IT製品とSaaSのレビューサイトです。

個人的な話ですが約3年前、サービス設立時に黒野社長に営業に来ていただきまして、サービス立ち上げの経緯や目的を語っていただき、自社製品を登録しました。

法人向けのIT製品やSaaSツールは、導入各社の商習慣によっても良し悪しがわかれるため、なかなか比較検討ができないというのがネックです。

いまでは国内外のIT製品やSaaSツールにおける利用者のレビューが掲載されていて、さらにツールの購入・契約までできるというポータルプラットフォームに進化しています。

練馬 聡一
IT・SaaSの価格ドットコムみたいなものですね。
以下から請求書払いの購入もできるので、ぜひ詳細を確認してください。

その他購入できるサービスを探す場合はこちら