クラウドPOS【スマレジ】導入を検討してるけど、正直どうなの?

クラウド型のタブレットPOSレジで、もっとも利用する店舗が多いのが「スマレジ」です。

日本全国の108,000店舗に利用されており、累積取り扱い額は3兆円を突破しています。

この記事では、小売店や飲食店、美容院など、実店舗ビジネスを展開予定の方向けに、人気のスマレジの評判から、メリット・デメリットを紹介します。

ぜひPOSレジの導入は何がいいのか?参考にしていただけると嬉しいです。

スマレジとは?

「スマレジ」とは、株式会社スマレジが提供している「クラウド型のPOSレジ」システムで、iPad・iPhoneなどのiOSを使い、無料で導入が可能になっています。

お会計の際に活用する「レジ」ですが、大きく分けると3つに分類されます。

  1. キャッシュレジスター
  2. POSレジ
  3. クラウドPOSレジ

昔からスーパーで導入されているのが「①キャッシュレジスター」で、電卓と金庫が一体式になっていて、いまでは機種は安く購入できますが、お会計のみの機能になっているため、今ではあまり使われていません。

超大型スーパーやコンビニで導入されているのが、「②POSレジ」です。

機種の価格は50万円~数百万円と高額ですが、本部側の基幹システムとの連携により、会員機能や多種多様な決済方法をアップデートすることができます。

超高機能ではありますが、機種が高額ということをはじめ、基幹システムとの連携など、超大手企業でしか導入が難しいので、中小企業や小規模店舗で「②POSレジ」を導入する必要はありません

そこで多くの小売企業に導入がされているのが「③クラウドPOSレジ」です。

  • 市販のタブレットやスマートフォンで使える
  • 省スペース
  • 機能はクラウドなので自動アップデート
  • 高機能

というメリットだけでなく、高機能といってもお会計はもちろん、

  • 売上管理
  • キャッシュレス対応
  • 顧客情報の管理
  • 外部システムとの連携

という小規模事業者にはいいことしかないのが「スマレジ」をはじめとした「③クラウドPOSレジ」です。

昔から使っていたキャッシュレジスターからのリニューアルや、安価なクラウドPOSレジから機能を拡充したい小規模事業者が、こぞって「スマレジ」にリニューアルをしています。

スマレジを導入する企業の業種

スマレジを導入する店舗の業種

出典:スマレジHPより

スマレジは飲食店や美容院、小売店など全国108,000店舗で利用されています。

業種の割合としては、

  • 小売店:31%
  • 飲食店:28%
  • アパレル店舗:12%
  • 美容関連:7%
  • 医療関連:3%

店舗展開をしている中小~小規模事業者の多くが導入しています。

関連記事:OMOとは?令和時代のマーケティングの考え方を理解しよう

スマレジ導入をした店舗の悩みや課題

安価に導入できる「スマレジ」は、多くの店舗事業者の課題解決ができています。

  1. 古いPOSレジをリニューアルしたい
  2. 値引きや割引の販売方法を簡単に変更したい
  3. 在庫管理・売上管理をデータ管理したい
  4. 外部システムやキャッシュレス決済に対応したい
  5. 税率変更や法改正のたびに対応が大変

上記のような非常にめんどくさい対応を、すべて解決ができます。

練馬聡一
練馬聡一
特に⑤の対応は本当に大変で、古いレジだと買い換えないといけないのでクラウドPOSがベストですね。

関連記事:BOPIS、BORISとは?「EC×店舗受取サービス」を実施しよう

月額無料~スマレジの料金プラン

プラン名 プラン概要 月額費用
スタンダード 基本的なPOSレジ機能を利用可能 0円
プレミアム 複数店舗で利用可能。売上データを一括管理! 4,000円
プレミアム プラス 顧客管理、ポイント管理、電話サポートがついたプラン 7,000円
フードビジネス 飲食店向けに、キッチン伝票出力なども可能 10,000円
リテールビジネス 小売・アパレル向けプラン。多くのSKU在庫管理も可能 12,000円

スマレジは上記のような料金プランになっており、1店舗展開の事業者であれば無料で利用することができます。

商品点数が増えたり、高度な在庫管理が発生するアパレルや小売販売店舗でいうと、11,000円以上のプランが良いのですが、小規模店舗であれば非常に安い金額で利用することができます。

練馬聡一
練馬聡一
最初は無料で使って、店舗が増えてきたらプランを上げていく形でOKです。

スマレジ資料を無料ダウンロードする

スマレジの無料プランにおけるデメリット

「スマレジ」導入におけるメリットは上記で説明したとおりなのですが、当然無料プランではデメリットもあります。

  • 多店舗展開の事業者
  • 品登録数が1,000以上
  • 外部システム・ポイントサービス非対応

小規模店舗ではお会計をはじめ無料プランでも利用することができますが、商品数の多い店舗の在庫管理や、他店舗展開をしている事業者では、無料プランでは限界があります。

とはいえ店舗ビジネスの売上拡大をしていくにあたり、月額数千円~の費用を払っていくのはあたりまえで、これくらいの費用は経費として問題ないくらいのビジネスにしていく必要があります。

なのでビジネスのフェーズによってプランアップをしていく形で導入をしていきましょう。

業種別の事例資料を無料ダウンロード

ここまでご覧いただきありがとうございます。

「スマレジ」は、国内で108,000店舗に導入されている高機能クラウドPOSレジです。

  • 自動釣り銭機能連携
  • キャッシュレス決済
  • スマレジでできる機能

が無料でダウンロードできますので、ぜひ資料をダウンロードして、店舗ビジネス拡大において導入を検討してください。

・高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」

スマレジ資料を無料ダウンロードする

ちなみにもしPOSレジ導入を迷った場合は、おすすめのレジを無料で紹介してくれる、「レジチョイス」に相談してみてください。

・店舗に合ったレジ選び無料でご紹介します【レジチョイス】