ECモールとは?2つの種類とメリット・デメリットを理解しよう

ECモールとは?2つの種類とメリット・デメリットを理解しよう

ECサイトやネットショップで商品を販売するには、自分でECサイトを構築するか、ECモールに出店するという2つの方法があります。

自分でECサイトを構築するのも良いですが、ECサイトの運営ノウハウがなかったり、極力早くECで売上を上げたいという場合は、後者の「ECモールに出店する」がおすすめです。

この記事ではECモールに出店を考えている方向けに、理解しなければいけないECモールの2つの種類とECモール出店するメリット、デメリットをご紹介します。

ECモール(モール型ECサイト)とは?

モール型ECサイト(以下ECモール)とは、企業や個人などの複数のECサイトが集まったネット上の商店街(ショッピングモール)のことです。

練馬聡一
練馬聡一
ちなみに商店街でなくても、ららぽーとに例えてもOKです。ECサイトって何?についてはこちらの記事でわかりやすくまとめています。

⇒ECサイトとは?種類・構築方法・運営まで、初心者向けに徹底解説

国内で有名なECモールといえば、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「アマゾン」です。たとえば楽天市場に出店をするということであれば、楽天市場のECプラットフォームを使うことができるので、簡単にECサイトを作って運営をすることができます。

といってもECモールには2種類のモデルがありますので、その2種類をご紹介します。

ECモールの2つの種類

ECモールに出店をするといっても2つの種類がありますので、出店前にどちらがいいのかを考えてみましょう。

マルチテナント型ECモール

有名なマルチテナント型ECモールというのは、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」です。

練馬聡一
練馬聡一
楽天市場に例えて解説します。

マルチテナント型のECモールの特徴は、楽天市場が大きな商店街(ECモール)を構えており、そこにお店(ECサイト)を出店することです。

楽天市場というECモールがお客さまを集客をしてくれるので、集客してくれたお客さまが欲しい商品があれば、自分のお店(ECサイト)に訪れてくれます。そこで気に入った商品があればお買い物をしてくれるという流れです。

マーケットプレイス型ECモール

有名なマーケットプレイス型のECモールというのは、「アマゾン」「ZOZOTOWN」です。

練馬聡一
練馬聡一
アマゾンに例えて解説します。

「アマゾン」のようなマーケットプレイス型のECモールの特徴は、「アマゾン」自体が巨大な1つのECサイトであり、そのECサイトに対して、企業や個人が商品を出品し、売上をもらうという仕組みです。

練馬聡一
練馬聡一
アマゾンさんに売ってもらう、つまりアマゾンに卸すってことですね。

このようなマーケットプレイス型のECモールに出品をする場合は、商品を登録するだけで出品ができ、集客プロモーションなどもアマゾン側が行ってくれるので簡単にECサイトで商品を売ることができます。

当然サイトのデザインなどはアマゾンに準拠しているため独自のデザインなどはすることができませんが、特に「アマゾン」のマーケットプレイスは出品者への待遇がよく、費用さえ払えば、発送から商品管理なども行ってくれるので、出品者への負担はほとんどありません。

ECモールに出店するメリット

ECモールに出店をするメリットとしては、大きく分けて2つありますので、解説します。

大きな集客効果

まずECモールに出店をする大きなメリットとは、大きな集客効果を狙えるということです。

楽天やYahoo!ショッピングなどのマルチテナント型ECモールも、アマゾンやZOZOTOWNなどのマーケットプレイス型ECモールも、ほぼ集客は自動的にECモール側がやってくれるので、SEO対策やリスティング広告などの集客施策を行う必要がありません。

もし自社(自分)でECサイトを構築した場合、オープン後に一番苦労するのは間違いなく「集客」です。ECモールはすでにいる顧客(会員)に対してもプロモーションを行ってくれるので、完全に商品力で勝負をするということになります。

練馬聡一
練馬聡一
ECサイトの集客が気になる方はこちらの記事を見てください。

⇒ECサイト・ネットショップの集客方法、基本施策は2つ!

信頼性が高い

ECモールのもうひとつの大きなメリットは、信頼性が高いということです。

というのも、謎の企業のECサイトだったり、個人のECサイトで商品を購入するのは信頼性に欠けます。ですが楽天市場やアマゾン、ZOZOTOWNで扱っているという商品であれば、信頼性は非常に高まります。

練馬聡一
練馬聡一
まさかアマゾンが変なものを扱っていなだろ!と思いますもんね。

ECで売るためには商品力の次に重要なのが、信頼性の高さです。顔が見えないECだからこそ信頼性を高めることが重要です。信頼性を高めるのは実績が必要なので、ECモールの信頼性を活用したほうが良いという場合もあります。

ECモールに出店するデメリット

ECモールに出店するデメリットもいくつかありますので、2つ解説します。

ショップ名や企業名のブランディングが難しい

ECモールに出店するデメリットとしては、ショップ名や企業名のブランディングが難しい。というデメリットがあります。

練馬聡一
練馬聡一
といっても、ほぼブランディングはムリだと断言できます。

というのも楽天市場で商品を購入したとするとお客さまは楽天で買い物をしたということしか覚えておらず、どこのショップで買い物をしたかということなんて忘れてしまいます。

出店費用やロイヤリティが発生する

これもしょうがないことなのですが、出店の費用や売れた分のロイヤリティを支払うことになります。気軽に始めれるような費用感ではないので、しっかりと戦略を考えてから臨みましょう!

ちなみに楽天市場の出店費用としては、一番安価な出店プランで初期費用を込みで294,000円を一括で支払う形になります。詳しくは以下のこれからECサイト運営したい!と思ったらまず楽天で出店する理由で解説しています。

ECモールまとめ

自社ECサイトを構築するのは大変ですが、ECモールに出店をすれば誰でもECサイトで商品を販売することができます。

ですが売上が上がってくるとそれに応じた費用が発生したり、デザインなどでショップの独自性を出すことが難しくなってくることも確かです。なのでECサイト運営が未経験の場合は、まずは楽天などのECモールに出店し、ECサイト運営のノウハウを高めることが重要です。

⇒これからECサイト運営したい!と思ったらまず楽天で出店する理由

ECサイト運営のノウハウが蓄積されたら、ECモールでさらなる売上増加を目指しつつ、自社ドメインのECサイトを構築していくということもひとつの方法です。

⇒自社ECサイト構築の4つの方法を元プロが説明