【2022年最新】世界・国内コンサルティング会社 評価&売上ランキングTOP50

有名大学および経営学修士(MBA)後のキャリアとして、コンサルティング会社への就職は最も人気のある職種です。

世界・国内でも有名コンサルティングファームへの就職は狭き門ですが、キャリア面、収入面でも非常に高いものを得ることができ、超優秀なビジネスパーソンが切磋琢磨しています。

世界でもコンサルティング市場の40%を占める、4大コンサルティング会社といわれるものが存在しますが、一体どの企業が人気があるのでしょうか?

この記事では、世界で発表されている「働くべきコンサルティング会社ランキング」のTOP50位と、日系コンサルティング会社の売上ランキングをご紹介します。

ご自身のマーケティングや転職など、参考にしてもらえると嬉しいです。

⇒ コンサルティングファームへの転職なら「JAC Recruitment」 

コンサルティングファーム(会社)とは

コンサルティングファーム(会社)とは、企業が抱えている経営課題を解決することをミッションとした会社で、世界でも多くのコンサルティングファームが存在します。

そのコンサルティングファームで働くビジネスパーソンのことを、「コンサルタント」と呼んでいます。

企業が抱えている経営課題は多岐にわたります。

たとえば売上を向上させるための「マーケティング」だったり、利益を出すための「サプライチェーン」だったり、近年騒がれている「DX推進」だったり、「人事」や「財務」だったりします。

そのためコンサルティングファーム各社も業種業態に特化していたり、得意領域があります。

コンサルティング会社(ファーム)をカテゴリーにわけるとすると、

  • 戦略系ファーム
  • 総合系ファーム
  • IT系ファーム
  • シンクタンク系ファーム
  • 人事系ファーム
  • 会計・財務系ファーム

に分けることができます。

もとは1886年に最初に創設されたというコンサルティングファームが、「戦略系コンサルティングファーム」だったということもあり、コンサルタント=戦略系というイメージがありますが、いまでは企業が抱えている経営課題は多岐にわたります。

ITをはじめとしたDXから人事や財務、ときにはM&Aまで、各コンサルティングファームが業種業態や課題に特化したコンサルティングサービスを提供しており、社内でチームを組み課題解決に務めています。

経営戦略立案をメインとした「戦略系ファーム」、ワンストップですべてを行う「総合系ファーム」、高度なIT知識で戦略からシステムインテグレーションまで行う「IT系ファーム」など、コンサルタントは高度な知識とコミュニケーション能力が必要となります。

では本題の、世界のコンサルティング会社の人気ランキングと、国内のコンサルティング会社の売上ランキングをご紹介します。

練馬聡一
練馬聡一
ぜひマーケティングや転職などにも活用してもらえると嬉しいです。

世界のコンサルティング会社 評価ランキングの調査方法

以下より世界のコンサルテイングファームの人気ランキングTOP50を紹介します。

  • ビジネスパーソンの口コミ:30%
  • 企業文化:15%
  • 社員の満足度:15%
  • 給与:10%
  • ワークライフバランス:10%
  • 課題レベル:10%
  • 今後のビジネスの見通し:5%
  • プロモーションポリシー:5%

同ランキングはランクインしている企業のコンサルタントに上記の項目でアンケートを取り、上記の項目の加重平均で算出されています。

世界のコンサルティング会社 評価ランキングTOP1~10位

順位 会社名 英語表記 前年比
1 ベイン・アンド・カンパニー Bain & Company +2
2 ボストン・コンサルティング・グループ The Boston Consulting Group, Inc ±0
3 マッキンゼー・アンド・カンパニー McKinsey & Company -2
4 ブーズアレンハミルトン Booz Allen Hamilton +2
5 パルテノングループ The Parthenon Group +2
6 オリバーワイマン Oliver Wyman -1
7 クリアビューヘルスケアパートナー Clearview Healthcare Partners +6
8 デロイトコンサルティングLLP Deloitte Consulting LLP -4
9 PwCアドバイザリーサービスLLC PwC Advisory Services LLC -1
10 パトナムアソシエイツ Putnam Associates +2

昨年もっとも評価が高く、1位に評価されたコンサルティングファームは、アメリカのボストンを拠点とする「ベイン・アンド・カンパニー」で、一昨年は3位だったのが、今年は1位にランクインしています。

細かい項目としては、上司との関係も1位、裁量も1位となっており、総合的に1位に輝いています。

2位にランクインしているのが、前年と同じく「ボストン・コンサルティング・グループ」です。

同社は1963年に設立され、世界50ヶ国90都市以上に展開していますが、日本への展開も早かったため日本での知名度は高いです。

グローバル企業の上位 180/500社が「ボストン・コンサルティング・グループ」の顧客であり、アジアでは最も働きたいコンサルティングファーム1位に輝いています。

3位はボストン・コンサルティング・グループと双璧をなす「マッキンゼー・アンド・カンパニー」で、1926年に「A.T.カーニー」と分社化する形で事業を進めていきました。

上位3社の売上高でいうと、

  1. ベイン・アンド・カンパニー:5145億円
  2. ボストン・コンサルティング・グループ:9832億円
  3. マッキンゼー・アンド・カンパニー:1兆2005億円

日本円換算するとおおよそ上記の売上高になります。

4位以降のランキングで日本で有名なコンサルティングファームだと、8位の「デロイトコンサルテイング」、9位の「PwC」の知名度が高いです。

関連記事:デロイトが発表!テクノロジー企業の売上成長率ランキングTOP50

練馬聡一
練馬聡一
ちなみにコンサルティングファームBIG4というと、デロイト、KPMG、アーンスト&ヤング、PwCの会計系ファームのことをいいます。

世界のコンサルティング会社 評価ランキングTOP11~20位

順位 会社名 英語表記 前年比
11 アルバレス&マーサル Alvarez & Marsal +11
12 ブリッジスパングループ The Bridgespan Group +3
13 キーストーングループ The Keystone Group +6
14 ジーエイチスマート ghSMART & Co +6
15 A.Tカーニー A.T. Kearney -6
16 KPMG LLP KPMG LLP (Advisory) -2
17 ケンブリッジグループ The Cambridge Group New
18 コーナーストーンリサーチ Cornerstone Research -7
19 ブルーマターコンサルティング Blue Matter Consulting -11
20 ローランド・ベルガー Roland Berger +4

続いては11位~20位の発表です。

11位にランクインしているのが、前年から11ランクアップした「アルバレス&マーサル」です。

1983年に、トニーアルバレス氏とブライアンマーサル氏によって設立され、アメリカ国内外の有名企業の「ターンアラウンド管理」と「パフォーマンス改善」に取り組んでいます。

ちなみにターンアラウンド管理とは、

  1. 業績不振の原因を突き止める
  2. 財務上の損失を減らす
  3. 製品開発、新市場への参入や新たな収益源の確保
  4. 場合によってはCEO・マネージャーのリストラ

などを行い、会社を安定かつ長期的に生存するためにの戦略実施を行います。

日本でもよく知られている「ローランド・ベルガー」も20位にランクインしています。1967年にドイツで設立され、世界34カ国に展開し、ヨーロッパでは最大級の規模を誇るコンサルティングファームです。

スシローの社長や、日本マクドナルドの上席執行役員をはじめ、日本の有名企業のエグゼクティブも、同社出身の有名人を多数排出しています。

関連記事:【2022年最新】飲食業界・外食チェーン企業 売上ランキングTOP50

世界のコンサルティング会社 評価ランキングTOP21~30位

順位 会社名 英語表記 前年比
21 カイザーアソシエイツ Kaiser Associates +25
22 ヘルスアドバンス Health Advances, LLC +4
23 ブラットルグループ The Brattle Group +5
24 GEヘルスケア GE Healthcare -14
25 スコットマデン ScottMadden, Inc +6
26 イーグルヒルコンサルティングLLC Eagle Hill Consulting LLC +9
27 インサイトソーシンググループ Insight Sourcing Group -6
28 サイモン・クチャーパアンドパートナーズ Simon-Kucher & Partners +4
29 OC&C ストラテジー コンサルタント OC&C Strategy Consultants +20
30 デシバイオコンサルティング DeciBio Consulting New

続いてはコンサルティングファームの21位から30位のご紹介です。

前年から大きく順位を伸ばしているのが、21位の「カイザーアソシエイツ」と29位の「OC&C ストラテジー コンサルタント」です。

「カイザーアソシエイツ」は、1981年にワシントンで設立され、ロンドンやブラジルのサンパウロにオフィスを構える、「ブティック型の戦略コンサルティングファーム」です。

ちなみにブティック型コンサルティングファームとは、大手コンサルティングファームから独立したコンサルタントが設立した会社で、簡単にいうと小規模なコンサルティングファームのことです。

近年はITリテラシーの高い人材を企業が確保するのが難しく、専門性の高いIT系のブティック型コンサルティングファームの需要が高まっています。

30位には、医療系の企業を専門的にコンサルし、市場戦略を提案する「デシバイオコンサルティング」が新しくランクインしています。

練馬聡一
練馬聡一
ちなみに「カイザーアソシエイツ」はブティック型ではないんですけどね・・。紛らわしくてすみません。

世界のコンサルティング会社 評価ランキングTOP31~40位

順位 会社名 英語表記 前年比
31 クラークストンコンサルティング Clarkston Consulting -2
32 ベイツホワイトエコノミックコンサルティング Bates White Economic Consulting New
33 マーサーLLC Mercer LLC New
34 キーストーングループ Keystone Group +6
35 トリニティパートナーズLLC Trinity Partners, LLC +6
36 ペースハーモン Pace Harmon +14
37 アーティザンヘルスケアコンサルティング Artisan Healthcare Consulting New
38 チャールズリバーアソシエイツ Charles River Associates New
39 ケンウェイコンサルティング Kenway Consulting +6
40 チャーティスグループ The Chartis Group -7

31位以降のランキングは前年よりもランクアップした会社も多く、新たにランクインした会社も多いです。

新たにランクインしたコンサルティングファームは、

  • 33位:マーサーLLC
  • 38位:アーティザンヘルスケアコンサルティング
  • 39位:チャールズリバーアソシエイツ

上記の3社です。

39位にランクインしている「チャールズリバーアソシエイツ」は、1965年ボストンで設立された世界的なコンサルティング会社です。

経営コンサルテイングの実績もさることながら、宇宙航空やエネルギー、環境や気候をはじめとしたサステナビリティにおける調査やコンサルティングも盛んに行っています。

関連記事:世界のサステナビリティ企業ランキングTOP100 日本トップは積水化学工業

世界のコンサルティング会社 評価ランキングTOP41~50位

順位 会社名 英語表記 前年比
41 NERAエコノミックコンサルティング NERA Economic Consulting -3
42 リープポイント LeapPoint +2
43 トライアングルインサイツグループ Triangle Insights Group, LLC New
44 イグナイトグループ Ignyte Group -17
45 アプライドバリユー Applied Value -8
46 ポワリエグループ The Poirier Group New
47 ジャビアンコンサルティング Jabian Consulting New
48 デイブリンクコンサルティング DayBlink Consulting -6
49 インシグニアム Insigniam -13
50 シニオスヘルス Syneos Health New

最後に41位以降のランキングの紹介です。次の項目では日本のコンサルティング会社の売上ランキングを紹介します。

こちらも新たにランクインしているコンサルティング会社も多いのですが、41位の「NERAエコノミックコンサルティング」は、ニューヨークのコンサルティング会社です。

有名なところだと「ミクロ経済理論」を活用するコンサルティング会社ということで知られ、経済、金融、法律、ビジネスの分野で高度な学位を取得しているコンサルタントを抱えています。

ちなみに「ミクロ経済理論」とは、消費者や企業をはじめとした経済全体の動きを、ミクロに分析し、商品やサービスの配分や流通、価格決定などを調査する学問のことで、巨視的に分析する「マクロ経済理論」と反する考え方です。

練馬聡一
練馬聡一
ここまでくると聞き慣れない企業が多いので、次の日本のコンサルティング会社ランキングをご覧ください。

国内コンサルティング会社 売上ランキングTOP17

順位 会社名 売上高
1 野村総合研究所 5504億円
2 三菱総合研究所 920億円
3 ベイカレント・コンサルティング 428億円
4 日本M&Aセンター 361億円
5 リンクアンドモチベーション 352億円
6 ドリームインキュベータ 277億円
7 船井総研HD 250億円
8 GCA 219億円
9 山田コンサルティンググループ 153億円
10 シグマクシス 140億円
11 M&Aキャピタルパートナーズ 118億円
12 タナベ経営 92億円
13 マネジメントソリューションズ 52億円
14 フロンティア・マネジメント 51億円
15 プロレド・パートナーズ 32億円
16 識学 25億円
17 エクスモーション 8.7億円

最後に日本のコンサルティング会社の人気ランキング、ではなく売上高ランキングをご紹介します。

コンサルティング会社といっても、戦略コンサルティングからM&A専門をはじめ多くの総合コンサルティング会社がランクインしています。

まず上記にランクインしている企業を大まかに分析すると、

  • 市場規模:約8,000億円
  • 営業利益率:9%前後
  • 平均年収:958万円

となっています。

日本企業の業界の給与平均としても、商社に続き上位にランクインしています。

売上高はメーカーなどに比べると低く見えますが、基本的に原価は人件費になっているので、利益率は高いです。

日本のコンサルティング会社としても超優秀なビジネスパーソンが在籍していますが、

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • ボストン・コンサルティング・グループ
  • デロイトトーマツコンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • アクセンチュア
  • IBM・・・など

日本進出をしているコンサルティングファームと、切磋琢磨しています。

ぜひこちらのランキングをマーケティングや転職活動の参考にしてもらえると嬉しいです。

外資・国内コンサルティングファームへの転職相談なら

コンサルティングファームは、優秀なビジネスパーソンがクライアント企業の課題解決に日々取り組んでいますが、業界の平均年収としても「高収入」というところがポイントです。

▼外資系コンサルティングファームの平均年収

  • コンサルタント 500万円~1,000万円
  • シニアコンサルタント 1,000万円~1,500万円
  • マネージャー 1,000万円~1,500万円

▼日系コンサルティングファームの平均年収

  • コンサルタント 500万円~800万円
  • シニアコンサルタント 800万円~1,200万円
  • マネージャー 1,000万円~1,200万円

若干日系コンサルティングファームのほうが年収は低めですが、資格支援などもあり、その他メリットも多数あります。

JAC Recruitment」は、グローバル企業や国内大手企業をはじめ、コンサルティングファームへの転職支援も多数行っています。

自分がコンサルティングファームでの勤務に向いている人材なのか?無料登録で普段見れない情報も見ることができるようになるので、まずは会員登録だけでもしておきましょう。

【無料会員登録】コンサルティングファーム・外資系転職はJAC Recruitment