【2021年最新】飲食業界・外食チェーン企業 売上ランキングTOP50

近年テレビのゴールデンタイムでは、毎日のように飲食業界における外食チェーン特集が放映されています。

有名外食チェーンでは新商品やサービス、DX化で差別化を図り、店舗集客に力を入れていますが、実際にどの外食チェーンの売上が高いのでしょうか?

この記事では、飲食業界における外食チェーン企業の売上高ランキングTOP50を紹介しつつ、各社の特徴を解説します。

練馬聡一
練馬聡一
他にもジャンルや業界別にランキングもまとめているので、ご興味があればぜひご覧ください。

最も苦戦している飲食・外食チェーン業界

コロナの影響でもっとも打撃を受けているのは飲食業界ではありますが、特に売上減少率が高いのは外食産業です。

特にコロナ渦、緊急事態宣言においては外出が減ることはもちろん、外で食事をすることが激減してしまい、店舗休業をしてしまう企業も多数です。

人々の価値観としても、

  • 安心・安全
  • 節約
  • 在宅生活の充実
  • 家族優先
  • 社会との協調

など新たな価値観が生まれつつあります。

食品・飲料などのメーカーは、上記の価値観により売上を増加させている企業も多くありますが、当然外食チェーンは全社売上は減少傾向にあります。

特に高齢者は支出を抑える傾向にあり、多くの企業が苦戦を強いられています。

テレビ番組では毎日のように外食チェーンの特集が組まれていますが、それもプロモーションの一環として、多くの消費者を実店舗に集客するための苦言の施策です。

そんななか2021年10月に発表された実際の外食チェーンを展開している、飲食企業の売上ランキングTOP50をまとめましたので、以下でご紹介します。

飲食業界・外食チェーン 売上高ランキングTOP1~10位

順位 会社名 売上高
1 ゼンショーホールディングス 5,950億円
2 すかいらーくホールディングス 2,884億円
3 日本マクドナルドホールディングス 2,833億円
4 FOOD & LIFE COMPANIES 2,049億円
5 スターバックスコーヒージャパン 1,738億円
6 吉野家ホールディングス 1,703億円
7 コロワイド 1,681億円
8 プレナス 1,405億円
9 くら寿司 1,358億円
10 トリドールホールディングス 1,347億円

飲食業界における外食チェーン展開をしている企業の売上ランキング1位は、ゼンショーホールディングスです。

ゼンショーホールディングスは、牛丼でおなじみの「すき家」をはじめ「なか卯」、ファミリーレストランとして「ココス」や「ビッグボーイ」、「はま寿司」を展開している企業です。

前年比よりも売上高は減少していますが、国内店舗数は9,948店舗を展開、売上高は5,950億円で国内1位、営業利益率は約2%となっています。

2位はすかいらーくホールディングスで、こちらも昨対を割っていますが売上高は2,844億円、ガストやジョナサン、バーミヤンなど、ファミリーレストランを中心に3,126店舗を展開しています。

3位は日本マクドナルドで売上高は2,883億円、店舗は3,126店舗を展開し、営業利益率は10.9%と高くなっています。

4位のフード&ライフは、企業名は聞き慣れない企業ですが、スシローや京樽、海鮮三崎港などを展開しており、5位のコロワイドはかっぱ寿司や牛角、大戸屋などを展開してる企業です。

このランキングTOP10のなかでもほとんどの企業が昨年売上を下回っていますが、なんとか横ばいで維持をしているのが、日本マクドナルド、フード&ライフ、くら寿司の3社です。

練馬聡一
練馬聡一
ちなみにマクドナルドの利益率が高いというのは、単純に売上総利益が高い、つまり原価が安いということですね。最高に美味しいんですけど笑

飲食業界・外食チェーン 売上高ランキングTOP11~20位

順位 会社名 売上高
11 サイゼリヤ 1,268億円
12 はま寿司 1,200億円
13 ドトール・日レスホールディングス 961億円
14 松屋フーズホールディングス 944億円
15 日本KFCホールディングス 896億円
16 ロイヤルホールディングス 843億円
17 王将フードサービス 806億円
18 カネ美食品 755億円
19 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 744億円
20 モスフードサービス 719億円

続いて11位以降の売上ランキングです。

サイゼリヤや松屋、王将フードサービスなどがランクインしていますが、同じく多くの企業が昨年の売上高を下回っているのですが、昨年の売上高を上回っている企業は、

  • 15位 日本KFCホールディングス(増加)
  • 20位 モスフードサービス(微増)

となっています。

外食チェーンは全社的に打撃を受けているのは確かですが、上記のマクドナルドをはじめ、ファーストフードと呼ばれるケンタッキー、モスバーガーなどは、売上は堅調に推移しています。

練馬聡一
練馬聡一
ファーストフードはランチタイムがメインなので、影響はあったものの大打撃は受けていない状況です。

飲食業界・外食チェーン 売上高ランキングTOP21~30位

順位 会社名 売上高
21 JFLAホールディングス 696億円
22 カッパ・クリエイト 648億円
23 物語コーポレーション 640億円
24 ワタミ 608億円
25 ジョイフル 476億円
26 大庄 448億円
27 壱番屋 442億円
28 サンマルクホールディングス 439億円
29 ロック・フィールド 437億円
30 SRSホールディングス 437億円

続いて21位以降の紹介です。

売上高ランキングは上記のとおりですが、全社が売上高減少となるなか、唯一増加しているのが、23位の「物語コーポレーション」です。

物語コーポレーションのブランド一覧

出典:物語コーポレーションホームページより

企業名はあまり聞き慣れない「物語コーポレーション」ですが、急速に全国にチェーン展開している「焼肉きんぐ」をはじめ、「丸源ラーメン」や「ゆず庵」などを展開している企業です。

練馬聡一
練馬聡一
ディナータイムがメインのお酒を提供している居酒屋系の大庄やワタミは減少率が大きくなってしまっています。

飲食業界・外食チェーン 売上高ランキングTOP31~40位

順位 会社名 売上高
31 モンテローザ 436億円
32 オリジン東秀 434億円
33 アークランドサービスホールディングス 386億円
34 元気寿司 382億円
35 ダスキン 365億円
36 ハークスレイ 351億円
37 リンガーハット 340億円
38 アレフ 332億円
39 アトム 321億円
40 魚力 320億円

続いて売上高ランキング31位以降です。

売上高としては436億円~321億円のレンジになりますが、居酒屋がメインの外食企業も多く、大きく昨対を落としています。

唯一売上高を伸ばしているのが、33位にランクインしている「アークランドサービスホールディングス」です。

TBS系の坂上&指原のつぶれない店でもおなじみの、臼井健一郎さんが代表を務める「かつ屋」を展開している企業です。

練馬聡一
練馬聡一
奥さんのお父さんの家業を継いで、ここまで大きくしたというのは素晴らしすぎますよね。

飲食業界・外食チェーン 売上高ランキングTOP41~50位

順位 会社名 売上高
40 魚力 320億円
41 木曽路 310億円
42 ペッパーフードサービス 310億円
43 ハイデイ日高 295億円
44 コメダホールディングス 288億円
45 ホットランド 287億円
46 鳥貴族ホールディングス 275億円
47 フジオフードグループ本社 268億円
48 安楽亭 265億円
49 幸楽苑HD 265億円
50 伊藤園 262億円

最後に41位~50位のご紹介です。

木曽路やペッパーフードサービス、コメダホールディングスなど有名企業がランクインしていますが、当然昨年対比よりも売上高は減少しています。

ただ唯一売上高をのばしているのが48位にランクインしている「安楽亭」で、売上高は265億円となります。

練馬聡一
練馬聡一
なるほど・・コロナ渦でもファーストフードと焼肉屋は大きな打撃を受けていないわけですね。

ファーストフード・焼肉は売上高堅調 サービス力とDX推進を図る

ここまでご覧いただきありがとうございます。

近年テレビのゴールデンタイムでは、毎日のように飲食業界における外食チェーン特集が放映されています。

食品・飲料などのメーカーは、上記の価値観により売上を増加させている企業も多くありますが、当然外食チェーンは全社売上は減少傾向にあります。

外食チェーンにおける売上高ランキングとしては

  1. ゼンショーホールディングス
  2. すかいらーくホールディングス
  3. 日本マクドナルド

と続きます。

全社売上高が減少するなか、ファーストフードと焼肉系の企業は堅調に推移しています。

緊急事態宣言も解除され飲食業界、特に外食チェーン店にはお客様が戻りつつあり、各社マーケティングや業務効率化を目的にDX推進を行い、新たなチャレンジをしています。

ぜひこちらのランキングを参考にしていただけると幸いです。

練馬聡一
練馬聡一
他にもジャンルや業界別にランキングもまとめているので、ぜひご興味があれば覧ください。