【2022年最新】テクノロジー企業の売上成長率ランキングTOP50

日本で最も売上成長率が高いテクノロジー企業はどの企業でしょうか?

各社でもDXやSaaSなど、IT・テクノロジー開発の企業や、それを支援する企業、マーケティング支援企業など多くのテクノロジー企業がありますが、コロナの影響もありデジタルトランスフォーメーション(DX)が進んでいます。

この記事では、デロイトトーマツグループが発表した、日本国内のテクノロジー企業の決算で、売上高の成長率ランキングTOP50が発表されましたので、TOP50のランキングを紹介しつつ、私の所感も書いていきたいと思います。

平均348%UP!テクノロジー企業成長率ランキングとは?

デロイトトーマツグループが発表した「テクノロジー企業成長率ランキング」とは、テクノロジー、メディア、通信企業を対象にした、売上高の成長率をランキングにしたものです。

昨年の3期の売上成長率の平均は348%となり、成長率が150%を超える企業が19社もランクインしています。

  1. 半導体やハードウェア
  2. ソフトウェア
  3. インターネットやクラウドサービス
  4. 広告・マーケティング、EC
  5. 化学系のライフサイエンス
  6. エネルギーや再生技術

上記の系統の企業がランキングの対象となっており、TOP50にランクインしている企業の傾向は、

  • ソフトウェア:27社(54%)
  • メディア:9社(18%)
  • 通信:8社(16%)
  • その他:6社(12%)

となっています。

上記の製品やサービスを提供している企業でも、AIを活用したサービスやSaaS型の製品など、コロナの影響が追い風になる製品・サービスがメイン商材となっています。

関連記事:【2021年最新】世界のSaaS企業ランキングTOP100

ランクインしている企業の売上規模でいうと、72%が売上高50億円未満、売上高50億円を超える企業が34%と、ランクイン企業の売上規模が増加している傾向にあります。

それでは本題の日本国内のテクノロジー企業の売上成長率ランキングTOP50をご紹介します。

参考:2021年 日本テクノロジー Fast 50ランキング ※は未上場

テクノロジー企業の売上成長率ランキングTOP1~10位

順位 会社名 事業内容 成長率 所在地
1 株式会社 BEL AIR※ SaaS事業、SI事業 2526% 東京
2 株式会社Sparty※ D2Cブランドの企画・販売 2328% 東京
3 SheepMedical株式会社※ マウスピースおよび未病関連サービス 1661% 東京
4 吉積ホールディングス株式会社※ GoogleCloud専業事業 1361% 東京
5 AI inside 株式会社 OCRなどのAIプラットフォーム 933% 東京
6 株式会社ホープ アプリやWebメディアの運営 796% 福岡
7 株式会社ヤマップ※ 登山アウトドア向けWeb・アプリ開発 619% 福岡
8 株式会社Crunch Style※ 花のサブスクサービス 570% 東京
9 株式会社ジグザグ※ 越境ECサービス 541% 東京
10 株式会社スタメン SaaS事業 449% 愛知

まず売上高の成長率で1位にランクインしているテクノロジー企業は、2014年8月に設立された「BEL ADIR 」で、売上成長率は2,526%でした。

同社はホールディングス事業としては3つの事業があり、

  1. SaaS事業
  2. SI(システムインテグレーション)事業
  3. FinTech事業

となっていて、人事や総務向けの来るアド型派遣管理システムの「Jobs」や、金融自動売買システムである「sazanami」などを提供しています。

続いて2位にランクインしているのは株式会社Spartyで、パーソナライズ×D2Cを基軸とした事業展開をしており、パーソナライズヘアケアブランドの「MEDULLA」、スキンケアの「HOTARU PERSONALIZED」、パーソナライズボディメイクサービスの「Waitless」を展開しています。

3位にランクインしているのは、売上成長率1660%のSheepMedical株式会社で、歯科矯正装置のデンタル事業と、腸内細菌検査をはじめとするコンシューマープロダクト事業を展開しています。

10位以内の企業は、未上場企業が7社で、上場企業が3社ランクインしています。

関連記事:アメリカのDtoCブランドランキングTOP10【ユニークユーザー数別】

テクノロジー企業の売上成長率ランキングTOP11~20位

順位 会社名 事業内容 成長率 所在地
11 株式会社Amazia マンガアプリ 447% 東京
12 株式会社センシンロボティクス※ 産業用ドローンなどのロボティクス 428% 東京
13 株式会社 PKSHA Technology 言語処理、画像認識ソリューション 392% 東京
14 ACALL株式会社※ WorkstyleOS開発 332% 兵庫
15 株式会社HACARUS※ AI開発 310% 京都
16 株式会社カンム※ Visaカードアプリ運営 275% 東京
17 株式会社UPDATER※ 電気小売 264% 東京
18 株式会社BEARTAIL※ 経費精算システム 183% 東京
19 株式会社ブリーチ※ ECのフルフィルメントサービス 159% 東京
20 株式会社unerry※ 行動データプラットフォーム 150% 東京

続いてテクノロジー企業の売上成長率ランキング11位~20位です。

AIやバックエンド系SaaSが多くランクインしているなか、マンガアプリを展開している株式会社Ameziaは447%の売上成長をみせており、国内最大級のマンガアプリ「マンガBANG!」や、女性向けのマンガ・エンタメ情報アプリ「Palfe(パルフェ)」を提供しています。

9月期の売上高も75億2,452万円と年々増加を遂げており、営業利益率も1億円を超えています。

テクノロジー企業の売上成長率ランキングTOP21~30位

順位 会社名 事業内容 成長率 所在地
21 株式会社サイバーセキュリティクラウド AI、セキュリティソリューション 144% 東京
22 レーザーテック株式会社 光応用技術を用いた検査・計測装置 144% 神奈川
23 メドピア株式会社 医師専用コミュニティサイト 142% 東京
24 トヨクモ株式会社 安否確認クラウドサービス 127% 東京
25 株式会社SHIFT ソフトウエアのテスト事業 124% 東京
26 株式会社Macbee Planet マーケティング分析サービス 109% 東京
27 ダイワ通信株式会社※ AI、顔認証技術ソリューション 107% 石川
28 株式会社サイエンスアーツ コミュニケーションプラットフォーム 104% 東京
29 株式会社グッピーズ※ 医療系求人サイト、ヘルスケアアプリ 100% 東京
30 株式会社チームスピリット 管理系クラウドサービス 98% 東京

続いて21位~30位にランクインしている企業です。

注目は23位にランクインしている売上成長率は142%のヘルステック企業であるメドピアです。

同社は医師、薬剤師向けのコミュニケーションサービスを中心としたプラットフォームや、病院や薬局がCRMアプリを構築できる「プライマリケアプラットフォーム事業」などを展開しています。

アメリカでもDoximity($DOCS)が上場し注目されていますが、国内でもエムスリーやメドピアは近しい事業を展開しています。

28位のサイエンスアーツも「Buddycom」という面白いサービスを提供しています。

デスクレスワーカー、販売スタッフや運転手、CA、工場などでの業務をおこなっているスタッフと、スマートフォンで映像や写真などの情報共有し、効率化を図るライブコミュニケーションプラットフォームです。

練馬聡一
練馬聡一
JRやJAL、北海道庁から新潟県庁まで、多くのクライアントをもつサービスです。

テクノロジー企業の売上成長率ランキングTOP31~40位

順位 会社名 事業内容 成長率 所在地
31 ブレインズテクノロジー株式会社 エンタープライズAIソフトウエア 98% 東京
32 株式会社ジーエヌアイグループ バイオ製薬企業 95% 東京
33 株式会社WACUL マーケティングDX支援 92% 東京
34 株式会社セレス フィナンシャル事業 89% 東京
35 Chatwork株式会社 チャットツール運営 86% 大阪
36 株式会社エル・ティー・エス IT活用コンサルティング、B2Bプラットフォーム 86% 東京
37 株式会社GRCS GRC・セキュリティソリューション 86% 東京
38 株式会社コア・クリエイトシステム※ 医療特化のシステム開発 80% 宮崎
39 ユニファ株式会社※ ICT・IoTを活用 79% 東京
40 株式会社アシロ リーガルメディアサイト運営 78% 東京

続いて31位~40位のランキングです。

東京に本社を構える企業が多いなか、38位のコア・クリエイトシステムは宮崎の企業です。

同社は病院向けの電子カルテシステム「カルテMan・Go!(マンゴー)」や、病院向けの診療行為別の原価計算や分析を行う「Marcury(マーキュリー)」などの経営分析システムを提供しています。

練馬聡一
練馬聡一
宮崎だからマンゴーだと思うのですが、私はそういうのすごく好きです笑

関連記事:【2021年最新】IT企業の売上高・営業利益ランキングTOP100を発表

テクノロジー企業の売上成長率ランキングTOP41~50位

順位 会社名 事業内容 成長率 所在地
41 株式会社テラスカイ クラウドシステム構築 70% 東京
42 ログリー株式会社 広告プラットフォーム事業 67% 東京
43 ナイル株式会社※ Webコンサル、メディア運営等 65% 東京
44 株式会社クラシコム※ 「北欧、暮らしの道具店」の運営 65% 東京
45 株式会社PR TIMES プレスリリース配信サービス 65% 東京
46 バルテス株式会社 ソフトウエア開発テスト・第三者検証サービス 61% 大阪
47 株式会社カラダノート 家族サポート事業 57% 東京
48 株式会社ファイバーゲート 法人向けWi-Fiサービス 56% 北海道
49 株式会社アイズ※ インターネット広告・マーケティング 55% 東京
50 ENECHANGE株式会社 エネルギーSaaS事業 50% 東京

最後に41位~50位のランキングです。

ここにくると業務関連ではなく、マーケティング系のソリューションを提供している企業のランクインが目立ちますが、上場企業も多くランクインしています。

41位のテラスカイや42位のログリー、プレスリリース配信サービスのPRTIMESなどがランクインしています。

小売企業では44位にランクインしている「北欧、暮らしの道具店」を提供しているクラシコムがランクイン。

関連記事:【2021年最新】大手ECサイト・ネット通販売上高ランキングTOP100を発表!

同社はEコマースサイトの充実はもちろん、ECアプリやCRMなど、EC業界でも非常に先進的な企業です。

テクノロジー企業の成長はどこまで続くか?

ここまでご覧いただきありがとうございます。

日本で最も売上成長率が高いテクノロジー企業はどの企業でしょうか?

各社でもDXやSaaSなど、IT・テクノロジー開発の企業や、それを支援する企業、マーケティング支援企業など多くのテクノロジー企業がありますが、コロナの影響もありデジタルトランスフォーメーション(DX)が進んでいます。

とはいえコロナの影響もあり小売企業は苦戦を強いられています。

そんな小売企業を支えるテクノロジー企業の成長はどこまで続くのかはわかりませんが、国内外のテクノロジーを駆使し、盛り上げてくれると私も嬉しく思っています。

関連記事:【2022年最新】国内小売企業の売上高・営業利益ランキングTOP50を発表!