練馬税務署

販売促進費と広告宣伝費って何が違うの?会計上の違いも解説

マーケティング担当者や営業マンなど、商品を広めたり売っているという方々は、販促費や広告費を使うことが多いと思います。

これらはマーケティングに必要な費用ですが、どんなものが販促費で、どんなものが広告費なのかを把握できていますか?

この記事では、マーケティング担当や営業マンが理解しておくべき「販促費」と「広告費」の区別や違い会計上ではどの勘定項目になるのか?をご紹介します。

販売促進費とは?

販売促進費(販促費)とは、名前の通り自社で提供している商品やサービスの販売を促進するための費用のことです。

勘定科目でいうと、「販売費及び一般管理費(販管費)」に分類されます。

たとえば販促費として処理ができるのは、

  • 店頭で使うポスターやPOPの制作費用
  • 無料サンプルの制作費用
  • ノベルティの制作費用
  • キャンペーン(割引券やクーポン券)の費用
  • 販売奨励金(リベート)の支払い費用
  • 販売手数料

上記のような販売促進に必要な費用が挙げられます。

販促費の定義は曖昧な部分があるのですが、

  1. 商品やサービスの売上拡大につながる費用である
  2. 対象はユーザー(消費者や取引企業)である
  3. 損金として算入できる費用である

このような目的で実施されることが前提となっています。

練馬聡一
練馬聡一
損金とは法人税のための概念です!

広告宣伝費とは?

広告宣伝費(広告費)とは、事業の広告を掲載したり、その広告を制作する費用のことです。

  • テレビCM
  • 新聞広告
  • 雑誌広告
  • インターネット広告

このような媒体に掲載する場合は、広告掲載料(出稿料)が発生します。その費用も広告宣伝費となり、その広告を制作する費用も、広告宣伝費となります。

練馬聡一
練馬聡一
掲載料と制作費が広告宣伝費となりますよ!

関連記事:雑誌媒体のWebメディア一覧、UU数やPV数も限定公開!

販促費と広告費の違い

販売促進費と広告宣伝費の違いは、実は明確に定義されているものではありません。

ですが一般的にはこのように区分をしています。

  • 販売促進費 = 直接的なマーケティング費用
  • 広告宣伝費 = 間接的なマーケティング費用

販売促進費は、送料無料だったり、クーポン券、ノベルティなど直接的なマーケティング費用のことで、広告宣伝費は、テレビCMやインターネット広告などをはじめとした広告、チラシ、ポスティングなど、間接的なマーケティング費用として区分をしています。

関連記事:ポスティング VS 新聞折込チラシ、どっちが効果・反響が高いのか!?

とはいえ会計上の勘定科目では、「販売促進費」と「広告宣伝費」は別になっているのですが、広義では「販売促進費」が「広告宣伝費」を含んでいるので、勘定科目では統一することも多いです。

練馬聡一
練馬聡一
結論どちらの勘定科目でも問題ないんです。重要なのは販促費と交際費の違いです!

販促費と交際費の違い

「販売促進費」と「広告宣伝費」は勘定科目においては統一することも多いですが、統一してしまうとマズいのが、「交際費」です。

販促費は直接的なマーケティング費用と説明しましたが、たとえば法人取引がビジネスモデルのBtoB企業は、接待や贈り物などを行うことで、販売を促進することにも寄与します。

ですが特定の取引先に対する接待や贈り物などは、交際費になると国税庁からも定められています。

交際費等とは、得意先や仕入先その他事業に関係のある者に対する接待、 供応、慰安、贈答などの行為のために支出する費用をいいます。

たとえば特定の取引先に対して、接待を中心とした飲食費用は交際費となり、お中元やお歳暮を贈った場合も交際費となります。

ですが年末のご挨拶で配るような、カレンダーやノート、社名の入ったボールペンなどは、特定の取引先にあたらないので、販売促進費となります。

練馬聡一
練馬聡一
うーん。こりゃややこしい・・・。

中小企業は損金にできる交際費に上限があるので、しっかり勘定科目として仕訳をしましょう。

補助金制度をうまく使ってみよう

ちなみに小規模企業やベンチャー企業などが、自社の商品やサービスの販促をしたい場合、「小規模事業者持続可補助金」という制度があります。

  • 広告宣伝費
  • 店舗の外装
  • 展示会などの出展・・・etc

上記で説明したような販売促進費用を、50万円を上限として補助してくれる制度です。

練馬聡一
練馬聡一
対象企業や経費などの条件があるので、ご注意くださいね!

詳しくは「日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金」のサイトをご覧ください

販促費と広告費と接待費まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

マーケティング担当者や営業マンなど、商品を広めたり売っているという方々は、マーケティングの一環として、販促費や広告費を使うことが多いと思います。

どんなものが販促費で、どんなものが広告費なのかを把握しておかないと、会計上ややこしいことになってしまいます。

ですが今回の記事としては、このように覚えてもらえるとOKです。

  • 販売促進費 = 商品を販売するための費用やキャンペーン費用、販売手数料などの直接的なマーケティング費用
  • 広告宣伝費 = テレビや新聞、雑誌、インターネットなどの広告掲載料とその制作費など、間接的なマーケティング費用
  • 交際費 = 接待や贈答費などの特定の取引先へのマーケティング費用

同じ内容の費用を販促費や広告費にしてしまうと企業としてもマズいので、しっかりとした勘定科目で処理をして、企業のマーケティングに活かしていきましょう。