【2020年最新】営業利益の増加率ランキングTOP100企業を発表

【2020年最新】営業利益の増加率ランキングTOP100企業を発表

新型コロナウイルスの影響のなかで、業績を伸ばしている企業はどんな企業があるのでしょうか?

国内企業の業種業態を問わず苦戦を強いられるなか、3月決算の企業の約60%が来期の業績予測を未定と発表しています。

このご時世に業績を伸ばしている企業を、マーケティングの観点からもチェックしておきましょう。

この記事では東洋経済が7月に集計し発表した、2020年度の今期における営業利益の増加率ランキングTOP200社を、私の所感も含めてご紹介します。

練馬聡一
練馬聡一
こちらは7月9日 東洋経済グロース500 ※時価総額1000億円以下の中小成長期待企業が対象となっています。

営業利益の増加率ランキング1位〜20位

出典:四季報オンライン グロース500「今期営業増益率」最新ランキング

順位 会社名 営業増益率 営業利益 増収率 売上高 決算月
1 ホープ 934.5% 9億円 270.3% 143億円 6月
2 セプテーニ・ホールディングス 528.4% 11.5億円 1.2% 170億円 9月
3 アルチザネットワークス 400.0% 3.7億円 23.2% 32.4億円 7月
4 サイバーステップ 342.0% 8億円 12.5% 130億円 5月
5 マクアケ 303.2% 5億円 93.5% 26億円 9月
6 Chatwork 263.6% 2.8億円 48.8% 27億円 12月
7 ジモティー 263.6% 3.2億円 30.6% 16.5億円 12月
8 メガチップス 229.2% 32億円 -16.4% 550億円 3月
9 メドレー 213.7% 4.8億円 41.7% 67.5億円 12月
10 テクノスジャパン 183.7% 8億円 2.9% 79億円 3月
11 チェンジ 177.5% 30億円 70.1% 120億円 9月
12 ベステラ 168.8% 2.5億円 31.0% 45億円 1月
13 サムコ 163.0% 8.6億円 19.5% 59億円 7月
14 日医工 161.1% 75億円 4.7% 1990億円 3月
15 大真空 134.7% 6.5億円 -6.3% 280億円 3月
16 すららネット 134.4% 1.5億円 22.7% 14億円 12月
17 プラッツ 133.1% 5.5億円 9.4% 65億円 6月
18 JTOWER 117.4% 1.5億円 32.9% 34億円 3月
19 Amazia 116.3% 9億円 116.8% 73.4億円 9月
20 霞ヶ関キャピタル 114.6% 15億円 55.1% 83億円 8月

営業利益の増益率が934%と1位にランクインしているのが、自治体が持っている媒体のデッドスペースなどを有効活用し、広告掲載を中心にサービスを展開する株式会社ホープです。

こちらは広告ではなく、電力販売事業が大幅増収をすると予測しており、大幅な増益予測を発表しています。

2位のセプテーニ・ホールディングスは、電通グループとなったインターネット広告会社の大手です。

コロナの影響で広告業界自体が下火にはなりましたが、東南アジア子会社の赤字(18億円)がなくなったので、営業利益率が大幅にアップする見込みです。

3位のアルチザネットワークスは、立川に本社を構えるIT企業で、携帯電話の基地局や交換機向けに通信計測器の開発をメインに行なっています。

5Gがスタートし今後需要が高まってきており、営業利益率も400%アップする見込みです。

5位にランクインしている「マクアケ」はクラウドファンディングのプラットフォームを提供しており、今期の営業利益は5億円を見込んでいます。

コロナウイルスの影響でEコマース販売に光があたっていますが、下手にECサイトを構築するよりは、商品が少ない場合はこのクラウドファンディングをつかって販売をスタートする企業も多く、新たなDtoCの形がスタンダードになってきていますね。

関連記事:メーカーEC(DtoC)を行う目的は?有名企業の課題や成功ポイントをご紹介

練馬聡一
練馬聡一
クラウドファンディングは一球入魂で商品を販売する!という感じですね。

営業利益の増加率ランキング21位〜40位

順位 会社名 営業増益率 営業利益 増収率 売上高 決算月
21 ITbookホールディングス 106.5% 3.2億円 17.8% 250億円 3月
22 ウチダエスコ 95.4% 16億円 16.8% 160億円 7月
23 ギフティ 95.2% 10.5億円 46.0% 25.8億円 12月
24 Macbee Planet 79.1% 6.7億円 11.4% 72億円 4月
25 ワイヤレスゲート 75.3% 1.7億円 0.6% 114億円 12月
26 ハニーズホールディングス 74.5% 42億円 14.0% 485億円 5月
27 E・Jホールディングス 74.4% 29.84億円 16.1% 303.94億円 5月
28 川本産業 72.4% 4億円 7.6% 270億円 3月
29 HENNGE 71.1% 3.2億円 22.6% 42億円 9月
30 内田洋行 70.5% 65億円 18.6% 1950億円 7月
31 ネットマーケティング 65.1% 7億円 1.8% 143億円 6月
32 コーア商事ホールディングス 61.2% 19.5億円 3.9% 158億円 6月
33 アイル 59.8% 15.2億円 17.8% 124億円 7月
34 第一精工 59.5% 24億円 6.4% 575億円 12月
35 アイ・ピー・エス 58.9% 17億円 36.8% 89億円 3月
36 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング 58.7% 2億円 16.2% 16億円 3月
36 興研 58.7% 9億円 10.4% 95億円 12月
38 ピー・ビーシステムズ 55.8% 2.4億円 29.4% 23億円 9月
39 ビザスク 54.9% 1.1億円 37.3% 13.5億円 2月
40 フィードフォース 54.2% 6.4億円 56.0% 23.8億円 5月

このブログでもよく紹介しているEC関連の企業も多く、33位のアイルはECプラットフォームの他にも「モール連携ツールとは?自社ECと楽天やアマゾンを一元管理しよう」で紹介しているようなクロスモールというモール連携ツールも提供しています。

同じく40位にランクインしているフィードフォースは、ソーシャルログインやLINE連携によるEC事業者への提供が増えており、営業利益増加率も54.2%となっています。

全体的にIT企業が多いですが、「【2020年最新】ファッション・アパレルECサイト売上高ランキングTOP50を発表!」にもランクインしているアパレル企業で、26位にハニーズホールディングスがランクインしており、42億円の営業利益を見込んでいます。

ITのなかでもEC系のサードパーティベンダーも多いのでやはりEC系の企業は業績を伸ばしている傾向にあります。

関連記事:【2020年最新】大手ECサイト・ネット通販売上高ランキングTOP100を発表!

練馬聡一
練馬聡一
アパレルが全滅状態なので、なんとか頑張ってほしいものです。

営業利益の増加率ランキング41位〜60位

順位 会社名 営業増益率 営業利益 増収率 売上高 決算月
41 ALBERT 53.4% 2.9億円 24.8% 29億円 12月
42 デジタルアーツ 52.5% 35.5億円 33.0% 75億円 3月
43 GA technologies 50.9% 18億円 55.3% 610億円 10月
44 日本KFCホールディングス 50.5% 72億円 5.5% 840億円 3月
45 ACCESS 49.9% 5.8億円 38.0% 130億円 1月
46 くふうカンパニー 48.1% 4億円 -2.1% 44億円 9月
47 メドピア 47.0% 8.2億円 70.8% 52億円 9月
48 ビーグリー 46.9% 12億円 17.3% 122億円 12月
49 マーケットエンタープライズ 46.0% 6.6億円 29.8% 110億円 6月
50 AI inside 45.8% 6.3億円 78.5% 28.4億円 3月
51 ユーピーアール 45.5% 11億円 9.7% 128億円 8月
52 日本リビング保証 44.4% 2.6億円 23.9% 20.4億円 6月
53 タツモ 43.0% 13.6億円 14.1% 208億円 12月
54 サイバーリンクス 42.5% 6.4億円 33.0% 139億円 12月
55 BEENOS 40.6% 24億円 -3.1% 245億円 9月
56 日本エアーテック 37.9% 6億円 4.4% 109億円 12月
57 セレス 37.5% 12.1億円 12.1% 185億円 12月
58 リックソフト 34.3% 5.4億円 26.3% 39億円 2月
59 ミンカブ・ジ・インフォノイド 33.8% 7億円 43.4% 40億円 3月
60 ファイバーゲート 33.5% 12.5億円 35.9% 74億円 6月

41位〜60位にランクインしている企業は、営業利益の増益率が53%〜33%アップという企業で、売上高は30億円〜100億円強の企業が最も多いです。

41位のアルベルトはサイトなどの分析サービスを提供しており、ECサイトのレコメンドエンジンなども提供している企業です。

44位の日本KFCホールディングスは、みなさんご存知のケンタッキーフライドチキンを展開している企業で、売上高は840億円、営業利益は72億円と、コロナの影響もあったと思いますが増収増益を達成しています。

練馬聡一
練馬聡一
この増収増益は詳しく調べてみたいですね。

営業利益の増加率ランキング61位〜80位

順位 会社名 営業増益率 営業利益 増収率 売上高 決算月
61 システム ディ 32.7% 7.1億円 8.0% 38.5億円 10月
62 ブロッコリー 32.4% 9億円 12.7% 73億円 2月
63 システムサポート 32.3% 7億円 12.2% 132億円 6月
64 ケアネット 32.2% 8億円 11.7% 36.5億円 12月
65 アセンテック 31.6% 6億円 9.6% 65億円 1月
66 ヴィッツ 31.5% 3.3億円 0.0% 23億円 8月
67 関通 30.6% 3.8億円 16.4% 85億円 2月
68 エル・ティー・エス 30.3% 4億円 31.9% 50億円 12月
68 重松製作所 30.3% 4億円 0.9% 117億円 3月
70 チャーム・ケア・コーポレーション 30.0% 18.5億円 20.8% 200億円 6月
71 ピアラ 29.9% 5.3億円 17.2% 159億円 12月
72 ドリコム 29.7% 8億円 18.2% 120億円 3月
73 ニイタカ 29.2% 15億円 4.6% 183億円 5月
74 ウィルズ 29.0% 4億円 17.1% 21億円 12月
75 HPCシステムズ 27.4% 4.7億円 -13.8% 46.5億円 6月
76 CAC Holdings 27.1% 16.7億円 0.0% 507億円 12月
77 ソースネクスト 26.6% 6億円 -7.4% 160億円 3月
78 サイバーセキュリティクラウド 25.9% 1.8億円 38.5% 11.3億円 12月
78 グレイステクノロジー 25.9% 12億円 20.9% 23億円 3月
80 デジタルハーツホールディングス 25.5% 17.5億円 5.5% 223億円 3月
80 N・フィールド 25.5% 6億円 12.6% 118億円 12月

61位~80位にランクインしている企業としては、営業利益増益率が32.7%~25.5%増となっています。

やはりIT系の企業が多いですが、注目は私の名前にもなっている練馬区に本社を構える、62位のブロッコリーですね。

同社はゲームソフトをはじめ、トレーディングカードゲームやキャラクターグッズの企画・販売を行っている企業です。

練馬聡一
練馬聡一
ぜひ頑張って欲しいですね!

営業利益の増加率ランキング81位〜100位

順位 会社名 営業増益率 営業利益 増収率 売上高 決算月
82 キリン堂ホールディングス 25.1% 35億円 1.7% 1355億円 2月
82 ベース 25.1% 21億円 20.4% 117億円 12月
84 CRI・ミドルウェア 25.0% 4.6億円 44.1% 25.7億円 9月
85 クリーク・アンド・リバー社 24.8% 26億円 21.4% 400億円 2月
86 エスプール 24.7% 20億円 17.6% 206億円 11月
87 ラクーンホールディングス 24.6% 8.8億円 12.2% 39億円 4月
87 NexTone 24.6% 3.8億円 28.9% 56億円 3月
89 チエル 24.5% 3億円 13.0% 36億円 3月
90 オロ 23.8% 16.5億円 7.5% 54億円 12月
91 アドバンスト・メディア 23.7% 8.6億円 5.3% 50億円 3月
92 フマキラー 23.2% 22億円 5.7% 470億円 3月
93 EduLab 23.1% 18億円 34.7% 84.5億円 9月
94 アドテック プラズマ テクノロジー 23.0% 7億円 12.3% 68億円 8月
95 ユーザーローカル 22.9% 6.5億円 26.0% 16.8億円 6月
96 ウエストホールディングス 22.8% 72億円 13.5% 725億円 8月
97 ヤマシンフィルタ 22.3% 9.5億円 18.4% 150億円 3月
98 LITALICO 22.2% 12億円 10.3% 153億円 3月
99 ストライク 22.0% 23億円 26.1% 64億円 8月
100 テクノフレックス 21.7% 28.5億円 9.5% 208億円 12月

81位以降の営業利益増益率は、25%~21.7%となっています。

売上高の増収率で高かったのが、84位にランクインしているCRI・ミドルウェアですね。

ミドルウェアとは聞き慣れない言葉ですが、その名の通りハードウェア(OS)とソフトウェア(アプリケーション)の中間に位置するもので、特別なことをするときに使う機能のことです。

同社はスマホゲーム用のものも提供していますし、近年は特別技術を活用した動画ソリューションも提供しています。

練馬聡一
練馬聡一
結構スマホゲームのオープニングにロゴがでてきていますね。

アフターコロナでも業績を伸ばしている企業に注目しよう

ここまでご覧いただきありがとうございます。

新型コロナウイルスの影響のなかで、業績を伸ばしている企業はどんな企業があるのでしょうか?

国内企業の業種業態を問わず苦戦を強いられるなか、3月決算の企業の約60%が来期の業績予測を未定と発表しています。

このご時世に業績を伸ばしている企業を、マーケティングの観点でも転職でも投資の面からでもチェックしておきましょう。