ECサイトでインスタグラム投稿を活用する4つの事例

ECサイトでインスタグラム投稿を活用する4つの事例

インスタグラムをECサイトに活用して売上アップを目指したい!と思っていませんか?

ファッションやビューティー、インテリアや食品系のECサイトは、インスタグラムとの相性がよく、ECサイトに活用して売上アップを実現しています。

国内のインスタグラムのアクティブユーザーは3300万人を超え、今やFacebookのアクティブユーザー数を超え、Twitteに迫る勢いでユーザー数が拡大しています。

ではどのようにECサイトに活用すればいいのでしょうか?

この記事では、ECサイトで売上アップを目指すためにインスタグラムのどのような投稿を活用していけばいいのか?事例を交えてご紹介します。

練馬聡一
練馬聡一
ちなみにインスタグラムで稼いだ有名人ランキングは、こちらでご紹介しています!

関連記事:インスタグラムで稼いだ有名人ランキング、1位はクリスティアーノ・ロナウド

3,300万人を超えるアクティブユーザー

国内のインスタグラムのアクティブユーザー数は3300万人を超え、国内でも最もユーザー数が伸びているSNSプラットフォームです。

  • Twitter 4,500万人
  • Instagram 3,300万人
  • Facebook 2,600万人

すでにFacebookのアクティブユーザー数を超えて、Twitterに迫る勢いでユーザー数が拡大しています。

練馬聡一
練馬聡一
私もFacebookにログインする頻度はすごく減りましたね。ビジネス系の知り合いしか投稿してないし・・・。

「テキスト」を投稿するTwitterと違い、インスタグラムの投稿は「写真」の投稿になるので、ビジュアルが大事なECサイトの親和性が高く、ECサイトに活用している企業が急増しています。

それでは、ECサイトにどのように活用すれば売上アップにつながるのか?を解説します。

インスタグラムの投稿でコンテンツを充実させよう

ECサイトに活用する基本として、「ECサイトにインスタの投稿を掲載して、サイト内コンテンツを充実させる」ことに尽きます。

通常ECサイトは、トップページにイベントコンテンツや特集、カテゴリーで商品を分けており、一部の商品を掲載している事例が多いです。

でもECサイトでのイベントや特集を企画したり、ECサイト用の写真を制作したりするのは時間もかかり、費用も発生します。

これでは更新性が少なくユーザーにも飽きられてしまいます。

そこでインスタグラムの投稿をECサイトに掲載することで、ECサイトの、

  1. コンテンツの充実
  2. 回遊性アップ
  3. 購入率アップ

このような効果がありつつもSEO評価も高まり、結果的に売上アップにつなげることができます。

練馬聡一
練馬聡一
カジュアルに投稿している写真を掲載するだけでも、効果がでますよ!

それでは具体的にどんな投稿を活用すればいいのか?を事例を交えてご紹介します。

ECサイトでインスタ投稿を活用する4つの事例

それでは具体的にどのような投稿を活用すればいいのか?をご紹介します。

具体的に活用している事例をまとめると、以下の4つに分類されます。

  1. オフィシャルの投稿を活用する
  2. スタッフの投稿を活用する
  3. ユーザーの投稿を活用する
  4. インフルエンサーの投稿を活用する

それではこの4つの事例を具体的に事例を交えてご紹介します。

オフィシャルの投稿を活用する

まずは企業やブランドの公式インスタグラムの投稿を活用する事例です。

スポーツウェアやスニーカーを販売している「ニューバランス」は、公式(オフィシャル)インスタグラムの投稿をECサイトに活用しています。

さらに投稿されている写真をクリックすると、投稿で使用されている商品が表示され、商品ページに飛ぶことができる機能を備えています。

商品への購入導線を作ることにより、投稿からすぐに商品が買えるようになり、離脱を防ぐ効果もあります。

公式インスタグラムの投稿を活用するメリットは、質の高い写真を投稿しているため、ECサイトの世界観を崩さずに表現できることです。

レギュレーションに沿った写真のため、ブランドとしての世界観をそのまま表現できます。

練馬聡一
練馬聡一
公式インスタグラムの投稿をそのまま貼り付けている事例がありますが、それではサイト内をもう一度探さないといけないので、離脱率が高まります!

スタッフの投稿を活用する

続いてはスタッフのインスタ投稿をECサイトに活用している事例です。

全国的に店舗展開している「SHIPS」は、店舗スタッフがアップしている投稿を、ECサイトに活用しています。

投稿としては、スタッフがコーディネートをアップしているものもあれば、商品の物撮りをしているものもあり、多種多様な投稿が掲載されています。

多店舗展開しているEC事業者は、これにより店舗送客につなげることも可能で、OMO・オムニチャネルの施策としても有効です。

OMOについては「OMOとは?令和時代のマーケティングの考え方を理解しよう」で解説しています。

練馬聡一
練馬聡一
ファッション・アパレル企業はとても有効な施策ですよね!

関連記事:【2019年最新】ファッション・アパレルECサイト売上高ランキングTOP50を発表!

ユーザーの投稿を活用する

続いてはユーザーの投稿、つまりお客様の投稿をECサイトに活用している事例です。

家具・インテリアを販売している「unico」は、ユーザーの投稿をECサイトに掲載し、ECサイトのコンテンツ拡充と販売を促進しています。

家具を販売する場合は、商品を単品で見たとしても自分の家に合うのかがなかなかイメージが湧きません。そこでユーザーの投稿を活用することで、画像つきの商品レビューのような見せ方で、商品訴求ができるようになります。

ユーザー(お客様)の投稿を活用する場合は許可取りが必要になりますが、実際ユーザーは掲載を喜んでくれることが多く、お客様との良好な関係を築くことができます。

練馬聡一
練馬聡一
そもそもインスタに上げてる時点で、沢山の人に見てもらいたいわけですもんね!

インフルエンサーの投稿を活用する

最後にユーザー投稿ではありますが、インフルエンサーの投稿を活用する事例です。

特にファッション系や化粧品の企業は、アンバサダーとして複数のインフルエンサーと契約している場合があります。

今まではこのような施策で、インフルエンサーによる投稿のいいね数やリツイート数などが、マーケティングの指標となっていました。

ですがこれでは直接的に売上に寄与したということがわからないため、ECサイトに掲載をすることで、リーチ数と購入数がわかるようになるため、マーケティング施策の効果を可視化することができます。

この記事では事例のご紹介は伏せますが、そのような企業も多く、非常に効果が出ています。

練馬聡一
練馬聡一
マーケティング施策はできる限り可視化していきたいですよね!

関連記事:インフルエンサーマーケティングの費用はいくら払えばいいの?

ECサイトの回遊率やコンバージョンをアップ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

ファッションやビューティー、インテリアや食品系のECサイトは、インスタグラムとの相性がよく、ECサイトに活用して売上アップを実現しています。

国内のインスタグラムのアクティブユーザーは3300万人を超え、今やFacebookのアクティブユーザー数を超え、Twitteに迫る勢いでユーザー数が拡大しています。

ECサイトに活用する基本として、「ECサイトにインスタの投稿を掲載して、サイト内コンテンツを充実させる」ことです。

具体的に活用している事例としては以下の4つです。

  1. オフィシャルの投稿を活用する
  2. スタッフの投稿を活用する
  3. ユーザーの投稿を活用する
  4. インフルエンサーの投稿を活用する

ぜひこの記事でご紹介した事例をもとに、インスタグラムの投稿を活用し、ECサイトの回遊率やコンバージョンをアップさせ、売上アップを目指していきましょう。