ランディングページとは?ECで売るためのLPの基本を5分で説明する

ランディングページとは?ECで売るためのLPの基本を5分で説明する

本来ランディングページとは、Webサイトに訪問をしたときに最初に見たWebページのことで、LP(エルピー)とも呼ばれています。

ですが一般的に言われているランディングページ(LP)とは、ECサイトで商品を売るために、キャッチコピーや画像が並べられた1枚の長いページのことを指すことが多いです。

Webサイト、特にECサイトの売上はランディングページ活用が非常に重要で、活用方法によっては売上が劇的に変わります。

この記事では、ランディングページの最低限知っておくべき基本から、ランディングページがなぜ重要なのか?ということを説明します。

練馬聡一
練馬聡一
ここではWebサイトのなかでもECサイトをメインとしてお話します。

ランディングページ(LP)とは?

ランディングページとは、ECサイトに訪問をしたとき最初に見たWebページのことで、LP(エルピー)と呼ばれています。

多くのECサイトでは、GoogleやYahoo!の検索(自然検索)はECサイトのトップページに飛ばし、広告やメルマガはランディングページ(LP)に飛ばす。としている場合が多いです。

なのでLP(エルピー)と言われるページに関して、ほとんどの人は広告やメルマガのリンクをクリックしたときに、飛ばすページのことを言うことが多いです。

練馬聡一
練馬聡一
なのでランディングページと聞いたら、本当は最初に見たWebページのことだけど、広告やメルマガなどで意図的に飛ばしたページのことと思って問題ないです!

ランディングページになぜ飛ばすの?

広告やメルマガからランディングページに飛ばす理由として、目的を持ったユーザーに対して最適な情報を提供し、目的を達成しやすくするということにあります。それがECサイトでいう「Web接客」です。

広告から飛ばすページのNGパターン

ECサイトのトップページに飛ばす:絶対にNG
商品を探す手間がかかりサイトから離脱してしまう。
ECサイトの商品ページに飛ばす:NG
商品以外の情報も多く、他のページに遷移してしまう。
広告専用ランディングページ(LP)に飛ばす:OK
他のページに遷移できないので、しっかり商品説明が可能。

例えば目的を持ったユーザーというのは、ECサイトに訪問するとき、その商品って何だろう?、欲しい、買う目的で来たりと、つまり商品に興味があってECサイトに訪問するわけです。

という目的があるユーザーに対して、せっかく広告をクリックしたのにECサイトのトップページに飛ばされて、商品を探す手間が発生したり、興味のない商品を見せられたり、わざわざ何回かのページ遷移をしてその商品にたどり着かなければいけません。

ページ遷移が多いということは、ページを遷移する際に少なからず離脱が起こってしまいます。

なのでランディングページに飛ばす理由としては、目的を持ったユーザーに対して必要な情報を1ページに集約させて、商品説明をする「Web接客」が可能になるということです。

練馬聡一
練馬聡一
ユーザーに対してサイト全体を見直すよりも、LPを作ったほうが楽だし安いですよ!

広告専用のランディングページ(LP)で、EC売上が大きく変わる

ということは、ECサイトは広告で集客したユーザーに対し、ランディングページで「Web接客」をするので、ランディングページの良し悪しでECサイトの売上は劇的に変わるということになります。

練馬聡一
練馬聡一
誰でもできる効果の高いLPの基本を説明します!

まず前提として広告やメルマガから飛ばすページは、ECサイトのトップページや商品ページではなく、必ず商品ごとに独立した「広告専用のランディングページ」を制作してください。

練馬聡一
練馬聡一
少し乱暴な言い方にすると、そのまま勢いで購入に結びつけるような構成にするべきです。

ということは購入に必要な最低限の情報提供をし、購入までの誘導を意識させることが重要になります。

最後にECサイトで売れるランディングページをつくる基本としては、申込みフォームと一体型のランディングページを構築することで、ページ遷移を短くすると、購入される可能性は大きく上がります。

練馬聡一
練馬聡一
せっかく来てくれたユーザーを逃さないように、スムーズな商品説明と申し込みを

ランディングページまとめ

ランディングページとは、Webサイトに訪問をしたときに最初に見たWebページのことで、LP(エルピー)と呼ばれていますが、多くは広告やメルマガのリンクをクリックしたときに、飛ばすページのことを指すことが多いです。

広告やメルマガからランディングページに飛ばす理由として、目的を持ったユーザーに対して最適な情報を提供し、目的を達成しやすくするということにあります。

なので広告やメルマガから飛ばすページは、ECサイトのトップページや商品ページではなく、必ず商品ごとに独立した「広告専用のランディングページ」を制作するようにしましょう。

ランディングページで「Web接客」することで、ECサイトの売上や購入率が大きく変わります!ぜひこの基本をおさえて、ECサイトの売上アップの参考にしてください。