アメリカのモバイル決済シェアは?スタバを抜いて1位はApple Pay

アメリカのモバイル決済シェアは?スタバを抜いて1位はApple Pay

消費税増税に伴いキャッシュレス化を政府が推進しており、モバイル決済を行う人が増えてきています。

国内ではPayPayやLINE、楽天をはじめとしたバーコード決済が主流ではありますが、IT先進国であるアメリカはどのようなモバイル決済を利用しているのでしょうか?

ちなみにアメリカのモバイル決済の取引額は988.8億ドルで、日本円換算にすると10兆7754億円にのぼります。

この記事では、そんなIT先進国であるアメリカのモバイル決済の取引額や、どんなモバイル決済を利用しているのか、などアメリカのモバイル決済の市場について解説します。

アメリカのモバイル決済取引額は10兆7754億円

アメリカのモバイル決済のユーザー数とシェア

出典:emarketer.com

アメリカのモバイル決済の取引額は988.8億ドルで、日本円だと10兆7754億円にのぼります。

2020年にはさらに31.8%伸びると予測されていて、1303億ドル(14兆1,989億円)になるといわれています。

そんなモバイル決済を行っているユーザーは、平均して年間1,545ドル(約16万円)を支払っているという調査結果がでています。

練馬聡一
練馬聡一
平均的な年間決済金額は、日本国内と大差ないですね。

スマホユーザーの30%がモバイル決済を利用

ちなみにアメリカのモバイル決済のユーザー数も、続々と増加しています。

アメリカのモバイル決済ユーザーは、2019年で6,400万人を超え、アメリカのスマートフォンユーザーの約30%がモバイル決済を利用しているということになります。

ではどのモバイル決済を利用しているのでしょうか。

練馬聡一
練馬聡一
私は楽天商圏で生きているので、楽天ペイ一択なんですけどね笑

世界3大モバイル決済企業

ではアメリカのユーザーはどのようなモバイル決済方法を行っているのでしょうか?

世界的にも有力なモバイル決済の3大企業は、この3社です。

  1. Apple Pay
  2. Google Pay
  3. Samsung Pay

アメリカのモバイル決済はほぼこの3社のシェアが高いです。

ちなみに中国ではアリババグループの「Alipay」「WeChat Pay」が主流で、インドでは「Paytm」が多く使われていて、ヨーロッパでは「Mobile Pay」「Vipps」「Swish」のシェア率が高いという状況です。

それでは具体的にアメリカのモバイル決済ユーザーのシェアをご紹介します。

練馬聡一
練馬聡一
国内ではバーコード決済が流行ってますけど、海外ではあまり主流ではないみたい。

Apple Payがスタバのモバイル決済を抜いてシェア1位に

アメリカのモバイル決済比率

出典:emarketer.com

現在、アメリカのモバイル決済市場を盛り上げているのが「Apple Pay」です。

2019年にはApple Payユーザーが3,030万人を超え、モバイル決済を使っているユーザの47.3%のシェアを獲得しています。

アメリカのモバイル決済ユーザーシェア

  • Apple Pay:30.3%
  • Starbucks mobile payment:25.2%
  • Google Pay:12.1%
  • Samsung Pay:10.8%

アメリカではiPhoneよりもアンドロイドのシェアが多いですが、小売店でもApple Payに対応する小売店が増えてきているということ、iPhoneユーザーに特化したモバイル決済方法ということで、シェアが拡大しています。

ただアンドロイド対応のGoogle PayやSamsung Payは、ユーザー数の伸びが分散されてしまいます。

スターバックスのモバイル決済は、スタバでのみ利用が可能なため、ユーザー数の拡大はあまり上がらないと予測されています。

そんなApple Payの躍進の前には、ずっとスターバックスのモバイル決済が独占している状況でした。

とはいえスタバのモバイル決済ユーザーは2,520万人を超えて、39.4%のシェアを占めています。

ちなみにアメリカの小売店でのキャッシュレス決済方法は「小売店タイプ別のキャッシュレス比率、モバイル決済はどれくらい?」で解説しています。

練馬聡一
練馬聡一
POS端末の導入なども費用がかかりますからね。

世界では10億6,000万人がモバイル決済を利用

世界のモバイル決済比率

出典:emarketer.com

ここまでご覧いただきありがとうございます。

国内でもキャッシュレス化を政府が推進しており、モバイル決済を行う人が増えてきています。

関連記事:軽減税率が10月から実施!ECサイトで対応する5つのポイント

国内ではPayPayやLINE、楽天をはじめとしたバーコード決済が主流ではありますが、アメリカのモバイル決済の取引額は988.8億ドルで、日本円換算にすると10兆7754億円にのぼります。

アメリカのモバイル決済ユーザーシェアは以下のようになっており、

  • Apple Pay:30.3%
  • Starbucks mobile payment:25.2%
  • Google Pay:12.1%
  • Samsung Pay:10.8%

Apple Payがスタバのモバイル決済を抜いてシェア1位になっています。

来年には世界中のモバイル決済ユーザー数が10億6,000万人を超えると予測されていて、世界中でモバイル決済が主流になってくると思われます。

政府が推進しているキャッシュレス・消費者還元事業もあるので、ぜひこの波に乗って事業を拡大していきましょう。

関連記事:キャッシュレス・消費者還元事業とは?中学生もわかるように解説

関連記事:ECサイト必須の決済方法は3つ、あと1つ導入するなら?