ブランディングとマーケティングの違いを理解しマーケを成功させよう!

ブランディングとマーケティングの違いを理解しマーケを成功させよう!

ブランディングとマーケティングの違いを説明できますか?

昔は混同されがちだったブランディングとマーケティングですが、今の時代においては全く違うものと理解することが重要です。

違うことではありますがマーケティングを成功させるためにはブランディングを成功させる必要があります。

この記事では両活動の効果を高めマーケティングを成功させるために、ブランディングとマーケティングの違いを解説したいと思います。

すぐわかるブランディングとマーケティング

結論からいうと、ブランディングとマーケティングの違いは目的が違うということです。

ブランディング=共通のイメージを持たせること
マーケティング=売るための商品をつくり届けること

 

練馬聡一
練馬聡一
一言でいうとこうなります。

ブランディングとは共通のイメージを持たせることにより「差別化」を図ることを目的とし、マーケティングは「売る」ということを目的としています。

とはいってもNPO団体などを除いた株式会社の存在意義としては「利益を出す」ということを目的として事業を行っています。ですから最終的には「売る」ために「差別化」するということになります。

練馬聡一
練馬聡一
「マーケティング=売る」ために「ブランディング=差別化」を行っているということですね。

もう少し詳しくという方のために、ブランディングとマーケティングを深掘りして解説します。

ブランディングとは?

ブランディングとは「共通のイメージを持たせること」です。

みなさんがイメージするブランドというと、ルイ・ヴィトンやエルメスなどの高級ブランドだったり、トヨタやホンダなどの車メーカーをイメージすることが多いと思いますが、それは全部ブランディングに成功していて、みなさん共通のイメージを持っていると思います。

練馬聡一
練馬聡一
それは企業でも商品でもです!

このようなブランディングを成功させて共通のイメージを持たせられると、非常に多くのメリットがあります。

⇒企業ブランディングの意味って何?成功すると得られる3つの効果

練馬聡一
練馬聡一
こちらの記事でもっと詳しく書いてます!

ブランディングが成功するメリットしては、価格競争や比較対象になりづらくなったり、長期的な売上を期待することができ、仕入の原価が下がる(利益を出しやすい)こともあります。

例えばルイ・ヴィトンやエルメスなんかは、お互いに高級ブランドとしての意識はしているとは思いますが、価格を互いに下げて相手より売ろうなんてことをしなくても、それぞれ長期的な売上を確保することができています。

それは消費者に共通のイメージを持たせられているからこそ実現できていることです。

とはいえ株式会社は「利益を出す」ということを目的としているので、ブランディングは最終的には「売るため」の一貫、つまりマーケティングの経過ということになります。

マーケティングとは?

マーケティングとは「売るための商品をつくり届けること」です。

よくマーケティングの4Pと言われている、Products(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)をイメージしてもらうとわかりやすいと思うのですが、まさに「売るための商品をつくり届けること」に合致していると思います。

当然売るためには、消費者にニーズのある売れる製品をつくること、消費者に売れる価格設定をすること、消費者に売れる場所に流通させること、消費者に見つけてもらう(売れる)ためにプロモーションを行うということ。

練馬聡一
練馬聡一
これがマーケティングです。

製品をつくるということにおいても、デザインだけでなく実用性や耐久性なども含め、消費者に売れる製品をつくる必要があり、それに見合った売れる価格設定をしなければいけません。

そのためには原価を下げる努力をしたり、薄利でのビジネスを行わなければいけないかもしれません。

流通としても、専門店への卸だけでなく、直営店舗やECサイトなどのネット販売を含め、消費者に売れるための流通チャネルを展開する必要があります。

⇒メーカー直販EC担当者の課題と成功ポイントを紹介

それだけでは販売ができる仕組みが出来上がっただけになってしまうので、それを消費者に気づかせ行動を起こさせるプロモーションが必要になります。

このような「売る=マーケティング」を成功させるために「ブランディング=共通のイメージをもたせること」が重要になります。

ブランディングの成功が、マーケティングの成功の近道

まとめると、株式会社(企業)が行っていることは「利益を出すこと」です。利益を出すということは、つまり商品やサービスを売らなければいけません。

売らないといけないということは、マーケティングを成功させなければいけないということになり、そのマーケティングを成功させるために、ブランディングが必要になります。

練馬聡一
練馬聡一
ブランディング×マーケティング=売る=利益を出す・・・。といった感じでしょうか笑

ブランディングとマーケティングの違いを理解して、利益を出すビジネスを行いましょう!